みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

さんくちゅあり☆が~ど!

■グレード3
サンクチュアリガード・ドラゴン×4

■グレード2
宝石騎士 そーどみー×4
ナイト・オブ・ツインソード×4
スターライト・ヴァイオリニスト×3
救国の賢者 ベノン×2
アースエレメンタル ドガッツ×1

■グレード1
熱風の宝石騎士 シンベリン×3
宝石騎士 さばるみー×2
閃光の宝石騎士 イゾルデ×4
月桂の騎士 シシルス×4
秘められし賢者 ミロン×2

■グレード0
大望の宝石騎士 ティファニー×1
炎玉の宝石騎士 ラシェル×4
宝石騎士 ノーブル・スティンガー×4
誠実の宝石騎士 バートラム×4
熱意の宝石騎士 ポリー×4

■Gゾーン
神聖竜 セイントブロー・ドラゴン×4
神聖竜 サンクチュアリガード・レガリア×2
蒼天の聖騎士 アルトマイル×2





(リンクに当たらなければ)今期最強のセコビートです。序盤が強いのに超越が強い、ゴリラがリソース確保に成功してしまい大変なことになりました。


○グレード3
サンクチュアリガードドラゴン
入れない意味は皆無といっていいですね。今回この構築ではグレード3がサンクチュアリ4のみですが、これには理由があり、単純に札の枚数でいうとアシストしてドラゴンに乗るのとそのままギャランティに乗れるのでは札の枚数が変わりません。それどころかギャランティの枠をより高速に動ける札としているためドラゴンを1枚引いてしまえば一番暴れられる構築としています。
アシストから1と2を切って超越となると流石に厳しいですがそれでもミロンが絡めばふつうにギャランティにのって1と2を切ったのと変わらないと考えるとそれほど厳しくもありません。またアシストが外れた場合もロイヤルパラディンなら下手すればグレード3の相手よりもリソースを稼ぎつつ乗ったターンにレガリア一発で決めるプランを取れるため特に困ることはないです。
G3アルトマイルも入っていないのはドラゴン4のみだとサーチしようにも見せる3が手札にない場合が多くドラゴン、シシルスを握っていれば別に出さなくても強いので入れていません。というわけで4枚のみとなりました


○グレード2
・そーどみー
ザ・ロイヤルパラディンです。ロイパラそのものといっていいような効果ですね。最強カードです

・ツインソード
Fvがミーリウスでもなくツインソードを引けているかどうかでレガリアの要求が15000以上変わるので4枚確定です

・ヴァイオリニスト
ツインソードと合わせての5パンコンボや単純に乗って使える便利さ、このデッキだと状況次第でいつでもドガッツが生まれます。

・ベノン
2ターン目に使って一番強いカードです。グレード2を2枚引いていたら最優先してもいいと思います。あり得ない強さを持っているわけですがゲーム中一度の発動しか狙っておらずサーチ先のミロンも枚数が限られており2枚です。

・ドガッツ
いつでも呼べるメタカード。未だ根強いシェアを誇るシング、撃退を相手にテンポを崩せること、波紋相手にオデュッセウスミルティアディス連打で空レギオントリガー返し連打をさせないなど用途は様々です。
また試合の内容次第ではそもそもレギオンをさせない可能性も十分にあり、それがサンク相手だと相手はその1ターンがあまりにも致命的となるのでこのデッキのドガッツは非常に強力です。たまに当たる変なデッキも完封できます。サーチ先の選択肢でしかないので1枚。実際にこれで勝ちになる場面も多くあります




○グレード1
・シンベリン、さばるみー
ティファニーなので起動しやすいですが、さばるみーを呼びたい場面でさばるみーの代わりになるカードがなくダメージに落ちて消えてしまうと困るので3と2で散らしています

・シシルス 
書くこともないです

・イゾルデ
宝石騎士なだけでなく横を守れば勝ちの場面も少なくなくこっちにしました。

・ミロン
ドラゴンとベノンで使えるので増量



○グレード0
ティファニー
ミーリウスを使っていて思ったのですが現在の環境ではミーリウスですら遅い(意味不明)のと、序盤に盤面の宝石騎士が多いことで出来る立ち回りがいくらかあり早期にソウルイン可能なことも優秀なためこっちにしました。また、レガリアターンにそーどみーラインを25000から28000または31000にできるのも魅力的で1枚振り、2枚振りどちらでも要求があがる奇跡の噛み合いが嬉しいですね。

・トリガー配分
これ以上いらないほどリソースを稼げるため、クソゲー誘発にトリガーを割いた方が勝ちに繋がりやすいと思ったので☆12。かなりごり押すのでヒールは発動しにくいものの逆に言えば一度サンク側がヒールしてしまえば相手はもう追い付けないのでトリガー爆発期待でしか勝てないでしょう。発動した場合ゲームに与える影響の大きさからヒールを優先しました。



○Gゾーン
レガリア2枚にアルトマイル、一般の相手にそこまでにゲームを決められないようであれば明らかに返しのターンで負け濃厚です。よって3枚目のレガリアは過剰なので切ってリンクにワンチャンス生み出せるセイントブローを増量しました。







冒頭にも書きましたがグレード3を削って成り立つことや序盤、超越の強さすべてが「セコい」呪縛されなければ最強クラスの万能デッキにサンクはいつのまにか進化していました。
先行を取るともはや勝って当たり前、後攻でも波紋のように1枚貫通1回でデッキの強みが消えてしまうことはなく、相手にスキップを許さないデッキなためほぼ確実に後3レガリア可能と、世間で言われているほどスキップデッキということもなくとても完成された超越デッキといった印象です


http://gorillavgcs.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
今週土曜にカードラボなんば店で開催のアバレゴリラcs、よろしくお願いします