みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

ゆむクロニクル

昨日のアバレゴリラCSでゆむ君が使ってたギアクロの解説です。
質問も多かったようで、一緒に考えて組んだので代理で解説します。


まずギアクロを使った理由なのですが
・ゆむくんが自分のことを主人公だと思い込んでる痛い子だから
・ゆむくんが自分のことをクロノと勘違いしてるから
・ゆむくんがクロノジェットは自分の分身とか言い出したから
・GB1でリソースを稼ぎつつ、十分に2回目でゲームエンドを安定させる強化が来たので、GBクランでありながら速攻デッキにも一定以上勝つことができるから
・リンクジョーカーや他のGBデッキに対する絶対的な強さ

ですね。個人的にGBから動くデッキは蒼波、ギアクロが頭ひとつ抜けていてチームだとサンクは確定だと思うので他のGBクランが現状チームに入る理由は好み以外に無いと思います。ペイルムーンがワンチャンあるくらいですね。
では構築へ




■グレード3
クロノジェット・ドラゴン×4
スチームファイター バリフ×3

■グレード2
ヒストリーメイカー・ドラゴン×4
アップストリーム・ドラゴン×3
グリマーブレス・ドラゴン×1
スチームナイト ルガル×1
スチームナイト カリブム×3

■グレード1
スチームブレス・ドラゴン×4
スチームメイデン メラム×3
スチームメイデン ラシナ・ベル×1
スチームメイデン アルリム×4
スチームスカラー ジジ×2

■グレード0
クロノドラン×1
スチームスカラー カー・ランマ×3
ドキドキ・ワーカー×4
スチームメイデン ウルル×4
スチームメイデン ジュシール×1
ラッキーポッド・ドラコキッド×4

■Gゾーン
クロノドラゴン・ネクステージ×4
時空獣 メタリカ・フェニックス×2
時空竜 フェイトライダー・ドラゴン×1
烈火進撃の時空巨兵×1




○グレード3
・クロノジェット
ネクステージに指定されていることもありギアクロを使う上で4枚いれない意味がありません。

・バリフ
クロノジェット以外に乗る意味がないのでクロノジェットになれるこのカードです。超越しないといけないのでグレード3は8枚にしたかったのですが3を引きすぎるとタイムリープも出来ずネクステージに乗るまで処理ができないのと、クロノドランで2回目のコストは確保できるため他に枠を割くことに成功しました。



○グレード2
・ヒストリーメイカードラゴン
GBですが登場時とかじゃないので先に置けるため速攻に対して出しやすく優秀です。
様々なコンボの起点となり、このカードと特定のグレードでガード制限、除去、リソースの確保すべてが可能で、複数引いた場合の展開パターンもあるため最大枚数の4枚です

・アップストリーム
このカードはタイムリープで上げたグレードを下げられるので、タイムリープと組み合わせて更にコンボを発展させることが可能です。
タイムリープの動きのなかでこのカードを呼ぶ、または引いていることでジジを2回使ってリソースを稼いだりアタック回数を増やすことができます。
先におけるGBというのも優秀です。
サーチ可能で、引くとしても1枚でよいので3枚にし他のカードに枠を取りました。非常に強力なので4枚でも構わないと思います。


・グリマーブレスドラゴン
このカードを入れることでタイムリープの展開パターンに2除去4パンパターンが追加されます。効果が登場したときなので複数積むと使いにくいですが1枚は絶対に必要なカードだと思います。

・スチームナイトルガル
このカードは前日に入ったのですが、使ってみるととても強かったそうです。
カードの働きとしてはタイムリープで山から呼ぶことが可能なガード制限で、ゲームスピードがはやく超越1回でゲームエンドを狙う場合や、ネクステージのターンに横に1枚存在するだけで飛躍的にキル能力が向上する、とてもデッキ全体の動きと噛み合ったカードです。
あくまで必要な状況があるというだけで積極的に使用していくものではないのでサーチ先として1枚の採用です

・スチームナイトカリブム
ギアクロでは数少ない、GBを必要としない効果を持ちます。
FVをノーコスで除去できる他、タイムリープ除外し、帰ってきたユニットはもう一度効果を使用できるため実質グレード1までを除去可能です。
環境的に見ればカオスブレイカーのLB解除や波紋のオデュッセウスを消すこともできます。何よりも優秀なのが烈火進撃の時空巨兵との組み合わせで、烈火にのってこのカードをコールすることでほぼ任意のグレードをガード制限することができ、相手の盤面にグレード1がない場合なども完全ガード制限をすることなどができます。
単純に相手が烈火ケアでグレード2、グレード0で盤面を組み立ててきた場合は烈火に乗らなくても後列のグレード0をノーコス除去できるため隙がありません。
あいてのインターセプトを消してルガルやクロノジェットのグレード0が切れない効果を通しやすくすることもでき、実際にcsではそれが勝敗を分ける場面もありました。
序盤から終盤まで常に活躍しうる強力なカードですが、8000という打点、複数引いてもあまり強くないこと、使わないゲームでは本当に使わないので3枚です。




○グレード1
・スチームブレスドラゴン
超越を前提とするため4枚以外ありません

・スチームメイデンメラム
グレード1のアップストリームです。
アップストリームとは役割が異なり、このカードは殴ったあとになんとドキドキワーカーに変換できるのでソウルの確保、擬似的なバウンス、クロノジェットの決定力の向上に繋がります。
タイムリープの動きの幅を広くすることもあり引いても腐らないので枚数ほしいのですが、ラシナベルを1枚入れたい理由があったので3枚です。

・スチームメイデンラシナベル 
後述する2除去プランで機能します。
また、それ以外も相手の盤面に除去すべき驚異が存在している場合にも動きに組み込むことができ、1枚入れていて動きの幅が格段に広がると判断したので入れています。
ジジを使えない場面でのグリマーブレスのサーチ先にもなります。

・スチームメイデンアルリム
いれない意味はないです

・スチームスカラージジ
このデッキでは2回効果を使うのが容易で、簡単にリソースを確保できることからGB2まで生存する目的と非常に噛み合います
確実に2回使えると楽なので3枚いれてもいいですが、ジジは使えてソウルがない場面などは明らかに他のどのカードよりも弱く、基本的にダメージにでも落ちないと三枚目は腐ることになるので2枚です


○グレード0
・クロノドラン
以前なるかみの記事でも書きましたが、現在のヴァンガードにおけるシズク互換というカードのカードパワーの低さは深刻なのでタイムピースはまず選択肢から除外されました。
基本的にFV はタイムリープで飛ばすこととなるのが想定されたため、飛ばして一番強いこのカードになりました。これ1枚でクロノジェット、ジジのラインが生まれるのでヒストリーメイカーが無くても十分な展開をすることができ弱い動きをごまかす役割も果たしています。
また、グレード3の項でも書きましたが、二回目の超越コストを確実に用意するためグレード3を削り下のグレードで強力なカードを採用することにも貢献しています


・トリガーについて
まず効果が強力なドキドキ、ラッキーポッド、そしてヒールを4枚からスタートしました。
現在の環境でのギアクロの立ち位置としてはとにかくGB2まで生存すればネクステージというヴァンガード屈指のパワーカードによる理不尽なフィニッシュ力を有するためとにかく生き残りたいといった感じなので、受けに強くするためドローに寄せることとしました。
しかしこのデッキの動きでまず、レギオンが不可であることやメラムでドキドキを呼んでくることもあり、湯水のように☆を消費してしまいます。なので引きに寄せた664の配分から1枚☆に寄せた754の配分に変えました。
烈火で無理矢理4ノーさせる場合も☆が必要なので正解だったと思います。 
もしかするともう少し☆に寄せてもなんとかなるかもしれないですね



○Gゾーン
・ネクステージ
金銭的な理由がないならこのカードは4枚にしましょう。リンクジョーカー相手にゲームが伸びてしまい2枚では決めきれない場合やお互いヒールが多発した試合で最強のカードとなります。何よりこのカードより優先すべき選択肢は存在しません。

メタリカフェニックス
今回の強化でヒストリーメイカーとならび最もギアクロを飛躍させた要素のひとつだと思います。
乗るものが無いときに一番無難でこれを2枚にしていましたが、まず二回目に表にするカードもなく2回乗ることもないので、役割的には烈火を2枚でいいと思いました

・フェイトライダードラゴン
タイムリープというキーワードの登場でほぼメタリカの下位となりましたが取り回しやすさが魅力で、後半であればパンプも強力なので8枚目はこれで決まりです

・烈火進撃
相手の場を除去しつつ任意のグレードのガードを制限するというとんでもない効果です。
ゲームが速すぎて無理に勝つといった場面でもこのカードで完全ガードを制限して4ノー5ノーを強要でき、サンクや波紋への勝ち筋の1つにもなります。またリンクにも有効で何枚引こうが横が殴れなかろうがこのカードとクロノジェットで繰り返し完全ガードを制限してるうちに相手は止められなくなります。実際にcsではそのプランでリンクを倒しているのを見ました
現在はメタリカでなくこれが2枚です







ギアクロはいつのまにか超パワーカード集団になっていました。やはり速いデッキには一定の覚悟が必要なものの、それに対する回答も現状持ち合わせており既に上位デッキですが、もし環境から波紋、サンクが減ることがあれば間違いなくトップの一角となります。
タイムリープの展開パターンについては挙げるとキリがないのでそれぞれで回して見つけてください。新しい展開パターンに自分で気づいた時の楽しさもあります。また状況に最も適した選択肢を常に模索しながら立ち回るこのデッキを使うということはヴァンガードの基本的なプレイスキルの向上にも繋がると思います。とても楽しいデッキなので是非手にとって貰えればと幸いです。

この記事を最後まで読んでくれた人は「#ゆむはクソ」このタグをつけてツイートしてあげてください