みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

制限改訂ですね

ヴァンガードの制限改訂が発表されたそうです。1月22日から施行で、その内容は

・「閃く波紋オデュッセウス」2枚制限
・「コマンダーローレル」の解除。4枚使用可能に
・「宝石騎士そーどみー」は「宝石騎士」を含まないグレード3が1枚でも入っているとデッキに採用できない

・「メカトレーナー」「タイダルアサルト」「神聖竜サンクチュアリガードレガリア」の検討

となっています。僕はこの改訂はかなりいい内容だと考えています。規制内容それぞれについて思うことを書いていきます。



オデュッセウス2枚制限
オデュッセウスを序盤に引くことによって、理不尽なゲーム展開が行えた波紋。全国大会、世界大会に持ち込まれた構築は「ウミガメ兵」、連携ギミックをオデュッセウスと組み合わせることが前提で、2枚となった今、その前提を元にデッキ構築をすることは出来なくなったと言ってよいでしょう。
一方、CSなどで主流となっていたアンドレイスタートの波紋の方はもともと、オデュッセウスを引き込めないときの波紋の脆弱性を解消したもので、基盤は汎用的なアクアフォースのユニットでした。この型もオデュッセウスを引き込めたときの爆発力は同様ですが、アクアフォースの基盤で戦えるため、連携型と比較して被害は少ないといえるでしょう。
よって、今後は連携型の波紋を使っていた人達もアンドレイスタートの超越型波紋に移行していくと思います。
肝心な波紋自体の構築、立ち位置なのですが、確かに安定性は落ちたものの、アクアフォースの基盤、そしてミルティアディス自身が優秀なため十分、サヴァスや蒼波と並んで候補となりうると思います。個人的にはそれら二つより若干優れているか並ぶものであると思います。
構築に関しては、連携がオデュッセウス前提なためソリティオ1パヴロス2に連携の採用を抑え、引けなかったときに腐る札の採用を最低限に抑えることとなります。そして後から引いたオデュッセウスも強く使えるよう、アンフィビアンとトランスコアのセットの採用が有効に思えるので、恐らくはFC環境に登場したトランスコア波紋がメインになってくるでしょう。
以前ほどのシェアにはなりませんが、今後も確実に環境に影響を与えるでしょう。
圧倒的だった波紋を、多数ある選択肢の一つにまで抑えつつ、戦えるだけの戦力を残して禁止カードも出していないので、かなりいい内容の制限だと思います。


○コマンダーローレル解除
これについては理解ができません。解除の理由が「大会における使用率が低下したため」です。そりゃ制限したんだから使用率が低下するのは当たり前では。このカードを解除するということは☆付きの40000くらいのvが2パンしてくる可能性が飛躍的に増加するということで、どう使われてもまともなゲームに繋がることはありません。ダイカイザーが主流になっているので止められるだけの札があっても怪しく、対面したときにどうしようもない負けをする可能性が上がりました。
かといってディメポ側が環境に顔を出すかと言われても怪しく、まず速攻に勝てません。除去も呪縛もきつく旧完全を採用されていたら更に勝率は落ちます。ローレルにライドするのも地獄です。 
緩和するにしてもまず2枚、3枚と様子見しながら行うべきだったと思います。 


○宝石騎士以外でのそーどみーの使用の禁止
これで弱体化させたかったのであろう、サンクが全く弱体化していないのはネタなのですが、概ねよい制限ではあると思います。
現在のそーどみーの使われ方として害悪度の高かったのはやはり先行2ターン目に撃たれたときの理不尽さ、シングやサンクで使えるシンベリンのあり得ない要求で、どちらもプレイでどうにもならない負け方を生むものでした。今回の規制により宝石騎士はその強みを独占することができ、サンクの劣化のように言われることもまずなくなりました。一方のサンクやシングもそれぞれ害悪カードを取り上げられただけで強みはそのまま残っています。
アクアフォースと同じく、ロイパラもそれぞれを横並びにした、良い改訂です


○検討について
・メカトレーナー
同じ効果をもつコンローが規制されているので検討は妥当だと思います。評価すべきは実際に規制しなかった点で、スパイクのメカトレーナーはかげろうのコンローほどゲームに与える影響は大きくありません。かげろうとスパイクでは、根本的に強さの方向性が違い、コンローはかげろうの除去によるゲームのコントロールの安定が問題でしたが、スパイクは結局、ごり押すだけなのでサーチの有用性がかげろうとは段違いです。キルパーツを加えようにもシシルス互換なんてのは他のクランでも引いていて当たり前、レックレスは要求を上げますがいくらでも互換となるカードはいます。完全を加えてもスパイクの受けではこおまで悪用できません。

・タイダルアサルト
アクアフォース自体に規制をかけるならこれかニッキーだと思うのですが、ニッキーの場合問題となるのが超越が強すぎるという事なのでその理由だとほとんどのデッキが当てはまってしまい、理由として不適切です。結果タイダルアサルトが標的となります。このカードはアタック数を参照するコンボ全ての起点になるだけでなく、最速で先行2ターン目から単体での連続アタックが可能で、害悪度は極めて高いです。
別に規制でもよかったと思いますが今回逃れたのは、二度入賞したサヴァスに採用されていなかったから、そして、オデュッセウスの規制で様子見といった感じでしょう。
様子見であれば何故ローレルを4枚まで戻したのかは謎ですが、今後もアクアフォースが猛威を振るうのであれば次はこのカードでしょう。

・レガリア
サンクが飛躍した理由といえるカードですが、たとえ1枚になってもあまり意味がないと思います。2回目以降は飛天アルトマイルでもよく、そもそも初回でおわることすらままあります。
サンクで規制をかけるなら、今回規制されたそーどみーやレガリアよりも明らかにツインソードですが、毎度検討にすら上がらないのは謎です。メインで強化中のアルトマイルでもキーカードになっているからでしょうか。



■規制後の環境
主に環境を作るクランはロイパラ、アクアフォース、エンフェになると思います。ロイパラアクフォは最初のうち、型はバラけるもののどれもトップクラスのポテンシャルを秘めており、宝石やサヴァス、蒼波のように規制のあおりを受けていない強力なデッキも存在するため、クランとしては間違いなく環境にここります
次にノキエルですが、現状でデッキとして負けうる波紋やサンクが落ちてきたため、相対的にトップの一角となりました。高額GRがないことも追い風となり、爆発的に増加すると思います。ノキエルの構築に関してはまた取り上げようと思います。
シェアでいえば上記の三つが大半を占める環境となりそうですが、忘れてはいけないのがリンクジョーカーです。使用者は少ないものの、理論的には実質1強ともいえるスペックです。
値段やプレイ難度の関係で多くはいません。
ワンチャンを狙ったディメポもちょくちょく現れると思いますがすぐに減っていくでしょう。

テクニカルブースターや次の弾の追加で現状見えている範囲ではあまり環境の変化は期待できそうにないものなので、しばらくは上記の3クランのどれかを使えば安泰です。構築や型は今後のcsの結果で固定化されていくと思います。


規制されたトップデッキ、相対的に上がったデッキ、どちらも今はとても考えがいがあります。みんな構築や環境読みがまとまっていないいま、練り上げたデッキで結果を残せるととてもかっこいいと思います。みなさんも今後の環境に向けて、いろいろデッキを考えてみては。