みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

あ~てぃらり~


f:id:taetaemiltae:20160415143401j:plain

画像のは通常レギュレーション、下がgレギュ用です

■グレード3
アーティラリーマン×4
仮面の奇術師 ハリー×2

■グレード2
ダークサイド・プリンセス×4
フライング・ペリュトン×4
運命の配り手 ジャグリーン×4

■グレード1
マスカレード・バニー×4
フープ・マスター×4
パープル・トラピージスト×4
エッグ・ジャグラー×3

■グレード1
ダークサイド・ソードマスタ(☆)ー×4
ポイゾン・ジャグラー(☆)×4
キトゥン・ジャグラー(引)×4
テンダー・ブリーダー(治)×4

■Gゾーン
終演を告げる者 メフィスト×4
夢踊る彩翼 ミルワード×4
道化魔竜 ルナテック・ドラゴン×2
仮面の神竜使い ハリー×1
エアーエレメンタル シブリーズ×1
ペイルムーンGガーディアン×2
メタルエレメンタル スクリュー×2




ファントムVGCSでどなたかが使っておられて話題になった「アーティラリーマン」デッキです。
実はこのデッキ、元々スペックが高かったこととGガーディアン、シブリーズで致命的な弱点だった相手が絶対スキップしてくるという点も克服されGガーディアン以降の環境、とりわけGレギュレーションではかなり有力な候補となりました。
Gレギュレーションの大会には多分出ないので、Gレギュ向けオススメデッキ第一弾として紹介します



○基本的な動き
基本的には超越してキャットナイト+トラピージスト+ペリュトンから展開して殴るだけです。基本的に超越までの展開は強くないですが超越以降、毎ターン手札消費0~2でフル展開できるため間接的にハンドアドバンテージを稼ぐことができ、また、ソウルは相手が触れられる領域ではないので超越コストが尽きない限り除去などにより展開札が途切れることはありません。
こういった触れられない領域を使ってプレイできるデッキは単純にコントロール可能な領域も広いため安定性も高く、現環境でもエンジェルフェザーやグランブルー等、他では触れられない特別な領域を駆使するデッキが上位にいます。

今回のデッキで特徴的なのはやはりアーティラリーマン
f:id:taetaemiltae:20160415144855j:plain
ですね。このカードで出来ることは
・ターンエンド時にソウルに帰るユニットの中から任意のユニットと同じグレードの相手を退却させる
・フープマスターとセットでの運用で相手ターンに相手のリアガードを退却させた上でVのパワーを上げることができる
この二点が主です。

1つめは単純に相手のキーカード、リソースに干渉することが出来ます
2つ目はツインソード、ブロークンハート、クレヨンタイガー、ハイタイドやアデライード等強力なリアガード無効にした上で後続の攻撃を対してパンプしたVで受けることが出来ます。
ストライダーのハリーより優先している理由は単純にキャットナイトの展開力が高過ぎてハリーのスペコがあまり意味を成しません。

このデッキを使う上での問題点が二点あります。一つはキャットナイトが超越まで出てこないのとGB前の動きが貧弱すぎてスキップに対応できないこと、もうひとつがDiabloと当たるとファントムDiabloがガードできない点です
しかしなんと、この二つともがGガーディアン、シブリーズの登場により緩和されました。このデッキはCBを使わなくても動けるためシブリーズを好きに使えます。また、Gガーディアンの登場によりG3先乗りの不利は多少解消されました。
Diabloについてはなんだかんだキツいままなのですが、Gガーディアン2枚で止められる可能性が出たこと、後述するDiabloケアの動きを駆使すれば戦えます。



次にGレギュレーション各相手に対する相性

・サンク
普通にごり押しキツいです。フープマスターアーティラリーマンまでいけば楽だと思います。サンク自体がGガーディアンで詰めきりにくくなったこととメサイアやその他にも負けやすなったので単純に数がかなり減ると思うのでそこまで問題ではないです

メサイア
リアがいないしフープマスターでアレスターが消え失せるのでお陀仏

・アーシャ
パワーが何億あろうが殴る前に死ねば無力

グランブル
お互いやってることが手札使わず広げて殴る、除去食らわないなのでアーティラリーマンフープマスターで差をつけたいですね

・根絶
超越できたらなんとかなると思います

Diablo
ましにはなったもののきついです

・ギアクロ
唯一神ネクステージの止め方が二つあります。アーティラリーフープマスターでネクステージを止めて上げた打点でクロノジェットを楽に凌ぐパターンとクロノジェットにGガーディアンを切るパターン
除去も痛くなく害悪な先2カリブムも食らわないのでやりやすい相手です


まあ、こんな感じで想定される環境デッキに対していい感じで立ち回れます。
要求面が圧倒的でないので所詮は相性で有利な感じのためペイルムーン一択とかいえるほどではないですが。


次にカードの解説


○グレード3
・アーティラリーマン
変な男。めちゃくちゃ強い。乗りたいので四枚

・ハリー
アーティラリーマンだけも考えたのですがg2以下が汎用パーツだけなため別にハリーに乗っても普通に戦えるため最低限3に乗れる枚数の2枚。合計6です。


○グレード2
・プリンセス
とりあえずだして殴れるアタッカー
一時的に損しても序盤だすならソウルに逃がしましょう。RVで殴ることで先3でアーティラリーマンを20000に出来ます。

・ペリュトン
ペイルムーンに許されたぶっ壊れクソ査定カード
ソウルチャージが過剰といわれることもありますがこのデッキではエッグジャグラーのコスト捻出やアーティラリーマンで発射するので多いに越したことがなく、ソウルチャージ要員としても使えます。

・ジャグリーン
呼んだ札が残るのでDiabloに強いです。また、プリンセスと組み合わせていっぱい殴れたり地味にソウルチャージしていてよくみたら必須パーツでした


○グレード1
・マスカレードバニー
超越したいです。4枚

・フープマスター
ビックリドッキリ完全ガード。アーティラリーマンとトラピと合わせて相手ターンに相手のリアが死にます。
単純にソウルからガード値を生み出すので強い完全ガードですこれ。

・トラピージスト
盤面の整理、アーティラリーフープマスター、こいつで出した札は残るのでDiabloに対して等用途を挙げたらキリがありません。当然の4

ジャグラー 
Gユニットがだいたいパンプ持ちなので打点が気にならず、デッキ自体がバカみたいな要求を出来るワンショット系じゃなく構えて勝つコントロール系なのでリソースを確保する手段がほしくて入れました。だいたいペリュトンから出すのでソウルには困らないと思います


○グレード0
・キャットナイト
使うだけで相手が楽にスキップ可能という前代未聞のデメリットがシブリーズで帳消しになったのであり得ないパワーカードと化しました。毎ターンハリーのストライドボーナスをノーコスで行う上焼かれません
Vがアーティラリーマンでいい理由の一つなので絶対これです

・トリガー
スタンドが好きなのでスタンドメインで考えていたのですがダークサイドプリンセスのテキストを見たところソウルインがターンエンドでなくアタック終了だったのでスタンドが全然噛み合わず☆に
ドロー多目でも構いませんがトリガーもG以前のものを使いたくないという変なこだわりで844


○Gゾーン
ペイルムーンのgガーディアンがリアをソウルインならアーティラリーマンが暴れます。奇術ならメフィストが暴れます。楽しみですね
ミルワードがどうみてもクソ強いので地味に強化を受けてます