みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

Gレギュレーションその2

■グレード3
ラナンキュラスの花乙女 アーシャ×4
矢車菊の花乙女 イーネス×4

■グレード2
理想の乙女 トゥーリア×4
メイデン・オブ・フラワースクリーン×4
グリーンショット・エルフ×4

■グレード1
開墾の戦乙女 パドミニ×4
桜吹雪の乙女 リルガ×4
メイデン・オブ・スイートベリー×4

■グレード0
桃園の乙女 エルミ×2
メイデン・オブ・デイブレイク×4
コスモスの妖精 リズベット×4
フェアリーライト・ドラゴン×4
ウーント・タナップ×4

■Gゾーン
咲き誇るラナンキュラス アーシャ×1
夢紡ぐラナンキュラス アーシャ×3
聖樹竜 ジングルフラワー・ドラゴン×2
聖樹竜 マルチビタミン・ドラゴン×1
春色の花乙姫 アルボレア×1
(以下Gゾーン16枚なら。)
常夏の花乙姫 ベラーノ×2
エアーエレメンタル シブリーズ×1
聖樹竜 レインブレス・ドラゴン×2
メタルエレメンタル スクリュー×2
ダークエレメンタル ディズメル×1



Gレギュレーションなら強いアーシャです。
何故Gレギュレーション限定なのかというと、通常レギュレーションなら無限メイデンを使わない理由がなく、更に、アーシャだとまずカオブレに勝てないからです。一応ポックル4枚くらい入れて名前パクって使い回すビートみたいなのをすると勝てると思いますけどどう考えても他には勝てないですよね。
Gレギュレーションでなら強いという理由は、まず第一にGレギュレーションではリンクジョーカーの呪縛を避けて立ち回れるのが大きいです。「矢車菊の花乙女 イーネス」の効果でひたすらリアを開けて殴ります。
Gレギュレーションのリンクジョーカーはカオブレが使えないため、ブリンガーVでカオスユニバースを使う、またはメサイアでユニバースに超越しミューレプトンをコールする以外の方法でリアの居ないサークルを呪縛出来ません。Vがブリンガーであればリンク側もリソースを稼げないのでひたすら後列でリルガを量産し続けたらそのうち呪縛が解除されるか完全ガードが尽きて相手は死にます。

まずその構築の場合他のデッキ(ギアクロかげろうDiablo、ポックルまたはローラ入りサンク、アクアフォース、ペイル、グラン等)にまず勝てないので流石にそのプランを選択するくらいならリンクを使うという人はいないと思います。
次にミューレプトンですがこれも特化させるとデッキが著しく弱くから入って二枚程度なる上に、先に超越出来てしまうとリアにカードを1枚も残さず返せるのでミューレプトンがそもそも使えません。
イーネスを引けるかエルミ効果で前列を消せたらまずリンクがキツいということもないでしょう。リンク相手ならイーネスライドでV同名サーチもありです。どうせアーシャ効果使えないので。

ここまで対リンクばかり書いてきましたが他のデッキに対してもこのデッキはかなり強く、まずDiablo相手にはリンクと逆に盤面を増やす立ち回り、完全ガードを量産することも出来、打点で短期決戦も望めるので立ち回りやすく、ギアクロ相手でもイーネススタートで除去を回避しつつグリーンショットを拾ってキル、クロノジェットはGガーディアンで止まるのでネクステージに切る完全ガードを量産出来るので勝てます。
一番厳しいのがサンクですがGガーディアン、シブリーズの登場が追い風でしかなく、元からワンショット性能も高いため戦えるようになりました。

もうひとつ、このデッキを選択する理由となるのが「コスモスの妖精リズベット」とそれをコピーするカードを利用した疑似マリガンの存在です
リズベット+トゥーリア、スイートベリーまたはリズベット×2とフラワースクリーンが最低限あればリズベットの名前をコピーまたは同名をひっぱる手段の数だけ損失なしで手札交換が出来ます。
見ればわかりますがこの構築ではリズベットマリガンに関連するカード、完全ガード、超越コスト、グリーンショットやイーネス等の盤面に並べる要員、Gガーディアン用のヒール等、デイブレイクを除き全てのカードが引いて機能する札なので、超越さえ出来てしまえば展開が非常に安定します。
Gレギュレーション環境のデッキはクランファイトのプールと比較すると格段にサーチやドロー等の手段が限定されてしまうので、ぶっ壊れマリガンが可能なネオネクはそれだけで使う理由が生まれます。


以下採用カードの解説



○「開花」について。
このデッキは一般的なアーシャの構築よりも開花スキルを持ったユニットの種類が若干少なく、カトリーナ等の強力なユニットの採用を見送っています。
理由は、開花スキルは同名を増やす効果ではなく同名がいて初めて効果を発揮するスキルなので、開花スキル持ちを増やしたところで安定せず、同名が揃わない事には何も出来ないので種類を限界まで絞っています。
カトリーナを入れてるよりもスイートベリーでグリーンショットを増やせるようにする、引いてなければイーネスリズベットを増やして引きにいく方が最終的な盤面、打点は安定します。


○配分について
Fv以外の全てのカードを4枚にしています。同名が尽きると何も出来ないからです。
ただ、流石にG1には乗りにくいのですが今のヴァンガードにはGアシストという便利なシステムも存在するので気にする必要はないと思います。




以下個別の解説


○グレード3
・アーシャ
名称による恩恵が現状恐らく最も高い超越ボーナスです。基本的に超越もアーシャを選択するため乗れなくてもなんとかなりはしますが、ベラーノ等でトゥーリアが使えないのは痛いので乗れるなら乗りたいです

・イーネス
乗ってもまだなんとかなる性能なのと上で書いた通りリンクに勝つために欲しいカードです。
どうせリンク相手だとアーシャのスキルは使えないのでイーネスにライドしてVをコピーしてていってもいいと思います。



○グレード2
・トゥーリア
Vがアーシャだと全ての開花の2枚目になれるので流石に強すぎます。バウンス効果も強いのでグリーンショットビートに絡める場合は相手のターンにインターセプトでグリーンショットを一枚落としておきましょう

・フラワースクリーン
カードを1枚戻せる上名前をコピーできるバカ野郎です。野郎じゃないですけど。再録されたとはいえこれをCDプロモにしたブシロードははあまりに無能

・グリーンショットエルフ
3~5万の打点が出るこのデッキのメインカードです。パンプの処理が初見は複雑なのでまずは理解しましょう。
カトリーナと比較して優秀なのはエルミで量産出来るので圧倒的に増やしやすいのとインターセプトからデッキに戻す動きで再利用しやす点です。場にカトリーナ4枚並べちゃうと焼いてもらうしかありません



○グレード1
・パドミニ
なんとこれ1枚で超越できます!当たり前ですね

・リルガ
ベラーノやスイートベリーで増えますバカ野郎です。野郎じゃないですけど。

・スイートベリー
デッキの中身全ての全ての5枚目以降です。どんだけだよ



○グレード0
・エルミ
いくらなんでも強すぎて明らかに一択です

・トリガー
サンクが一番怖いのと札の枚数がないとDiabloに詰むのでドローですが☆を入れるとワンキル性能が飛躍的に上がるのでそいつら相手はもう殺してしまえという考え方なら☆でもいいです。その場合4枚の☆をドライブで確実に捲らないといけません



電車が着いたのでのこの辺で。ヴァンガ祭出ないのでTwitterで言ってくれたら大会の時このデッキは貸せます。FCもよろしくお願いいたします