みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

5000買取

◼グレード3
クロノジェット・ドラゴン×4
スチームファイター バリフ×2 

◼グレード2
アップストリーム・ドラゴン×4
ヒストリーメイカー・ドラゴン×3
ツインメーザー・ドラゴン×1
スチームナイト カリブム×3

◼グレード1
スチームメイデン メラム×4
スチームブレス・ドラゴン×4
スチームメイデン エタナ×1
スチームメイデン アルリム×4
スチームスカラー ジジ×1

◼グレード0
チクタク・ワーカー×3
スチームメイデン カー・ランマ×4
ドキドキ・ワーカー×4
スチームファイター ウル・ワタル×4
スチームメイデン ウルル×4

◼Gゾーン
時空竜 ワープドライブ・ドラゴン×4
時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション×4
時空竜 クロノスコマンド・ドラゴン×1
時空獣 メタリカ・フェニックス×2
エアーエレメント シブリーズ×1
遡る時乙女 ウルル×4




Gガーディアン後のギアクロです。
今回は細かい枚数調整はなしにして構築の基本形を紹介するのでそれぞれ調整してもらえたらいいと思います。


まず初めに説明しておかなければならないのはネクステージの枚数が0な事について。
ギアクロ=ネクステージというくらいのイメージの人がほとんどだと思うので0にする感覚はあまり馴染みがないものかと思います
以下理由

①枠がない
現在トップのノキエルに勝つためにレボリューションは必須です。その上、1セットでは相手がレボリューションを誘うプレイをしてきた場合に無力で入れている意味が全くないので2セット確定します。セットでクロノスコマンドも確定
ワープドライブに関してもリンクやノキエル相手に二度乗ること、その他にもメタリカより優先される場面は少なくないので3枚が確定します。ここで自由な枠1枚
メタリカ2枚、これは七海に対して2枚目がないと相当厳しく、単純にヒストリーを絡めたらメタリカメタリカが最も要求出来るルートなので2枚は最低必要。確定
次にシブリーズ。正直これは抜けなくもないと思います。カードプールにシブリーズが存在する以上相手は意識して立ち回ってくるので入れていなくてもシブリーズの強みは機能します。ただ、大会などで上位に残るとなると構築はバレていると考えた方がいいので、その場合シブリーズがないと相手の選択肢が増えてしまい不安です。また相手がアシストを外せばチクタクヒストリーを使えるギアクロのシブリーズは勝ちがほぼ確定する札なので損をするゲームも出てきます。
Gガーディアン4枚。配分はどうあれウルルによって圧倒的にヒールを引き込む回数が増えるので4枚目を入れないのはなしだと思います。
以上によりネクステージの枠を取れるとすればワープドライブ4枚目、シブリーズの枠だけになるのですが以下に続く理由から判断して上記2枚の優先度には劣ると判断したため採用を見送りました


②Gガーディアンによる弱体化
以前から言われていましたがGガーディアンによってヒール1枚で容易にクロノジェットが止まってしまうようになりました。ネクステージは3枚捨ててツインドライブをするので基本的にエンド時の札の枚数が1枚減る、「リソースを消費するVスタンド」です。ギアクロを今まで使っていた方は分かるかもしれませんが従来でもネクステージ1回目を耐えられてしまうと負ける場面は多かったです。逆に相手目線でもネクステージを耐えたら勝ちだったので、決定力の落ちたネクステージは運用に慎重さが要求されるようになりました。


③☆を捲れないと弱い
これは昔からずっとですがネクステージは都合のいい所でクリティカルを捲らないとなにも強くありません。
1枚の損失と引き換えに放つフィニッシュ手段ですが、相手がヒールをして3点ならネクステージで捲ってガード制限が止められない、完全もなくクロノジェットも守れない状況で4ノーに捲る、ダブクリでしか相手は6点になりません。
4点だとして、ネクステージかクロノジェットどちらかを止められないところまでいってもやはり4ノーにクリティカルを捲るしかないですね。
5点の場合というのは相手がネクステージを耐えるためにノーを重ねた場合かそこまでに1~2枚クリティカルが絡んだ結果なので結局クリティカルです。
Gガーディアンによる弱体化とも合わせ、ノーを引き出しクリティカルを当てて勝つネクステージが強く使える場面は減りました。


④どういう場面で必要になるか。
使わない理由ばかり書いて説得力欠けます。なので今どういった状況でネクステージに乗るのか。
ひとつめは6点入れられる場面です。ただ、6点入るということは相手の手札にヒール完全がないか相当札が薄い場合になりますが、ただその状況であるだけならメタリカでもまず決められるでしょう。なのでネクステージでないといけない状況となるとそれに加え更に飛ばすためのリアがない場合となりますが、この構築ではウルワタル、メラム、アップストリームが4でチクタクヒストリーが3と動くための札がほぼデッキの半分程あるのでかなりのレアケースとなります。また、そこまでリアが不揃いであればネクステージでもGガーディアンを抜けて勝てるかと言われると確実ではありません。
実際のゲームではどうしても引かないといけない札があるなど、乗る場面はもう少しありますが総合的に判断して現在採用している札よりも優先するだけの理由とは感じませんでした。
また、ネクステージを活かす方向での構築も検討し、ルガル複数投入も考えましたが枠とCBをブロークン除去、ルガルを出す手段から削って捻出しているので安定せずルガル自体もgガーディアンで不安定なので見送りした。


以上の理由により採用は見送られましたが、逆にいうとネクステージ自体がやはりこのくらいの理由がないと踏み切れず、それだけのパワーカードであるといえます。今は抜いてますがいつ入ってもおかしくないです。



カードの採用理由については特に書くこともないです。強いて言えばルガルやグリマーブレスよりツインメーザーが使えます
この構築はあくまで型の基本型なので必要なカードしか入れてない状態です。タイムリーブ先の選択肢で必要だと感じたものがあれば入れていくべきだと思います。
おわり
気が向いたらルートや立ち回りについて書きます