みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

キャゲロウ

関東VGCSのデッキの候補だったのでかげろうは結構回してました。お蔵入りも勿体無いので構築を貼っておこうとおもいます

◼グレード3
ドラゴニック・オーバーロード "The legend"×4
煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート×2
スフィリカルロード・ドラゴン×2

◼グレード2
竜騎士 ネハーレン×4
煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム×2
ドラゴニック・バーンアウト×2
ハルクロアー・ドラゴン×2

◼グレード1
リザードジェネラル コンロー×3
ラーヴァフロウ・ドラゴン×2
プロテクトオーブ・ドラゴン×4
リザードソルジャー ベローグ×4

◼グレード0
ドラゴンナイト サーデク×1
リザードソルジャー コンロー×2
スプリットバーン・ドラゴン×2(☆)
ドラゴンナイト ジャンナット×4(☆)
トレジャーハント・ドラコキッド×2(引)
ガトリングクロー・ドラゴン×4(引) 
マザーオーブ・ドラゴン×4(治)

◼Gゾーン
天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター "戴天"×4
天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード "The Ace"×2
天皇竜 ボーテックス・デザイア×1
神龍騎士 ムスタファー×1
超越神竜 ヌーベルバーグ・レクスプレス×2
天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン×1
炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×3
炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×1
メタルエレメンタル スクリュー×1




普通のかげろうです
プレイは焼いて殴るだけです。ベローグディナイアルの使いどころだけ考えます


◯グレード3
・レジェンド
クロス、グレート共にレギオン時の性能が超越よりも圧倒的に低く基本的に超越して戦うのでライドしたときにスキルがあるレジェンドが一番強いです
GB2も6枚捲って手札交換が出来るため非常に強力です。ベローグもヒールもないターンのかげろうはただのギアクロの劣化なので引きにいきましょう

・グレート
最初はスフィリカルロードとレジェンドで4枚ずつでしたがAceが強くてオバロ名称が増やしたくて2枚いれました
スフィリカルロードに乗ってはいけない場面がたまにあって冷静に4枚も要らないことからもこれでいいとおもいます

・スフィリカルロード
G3版の皇竜騎士ネハーレンです。
このデッキは基本的にネハーレンが要求の要なので4枚だと引きにムラが出たり除去相手に決定力を欠くことになるので追加のネハーレンとして採用しています。
また、かげろうは基本的にシブリーズが採用されておらず、入っていてもそこまで強く運用はできないため相手がライドスキップを絡めて速攻ぎみに動いてくる場合があります。そのような場合にスフィリカルからレジェンドでリソースを2枚稼ぐ動きをとることである程度ごまかせます。


◯グレード2
・ネハーレン
強さはスフィリカルロードのところでかいたので特に書くことはありません

・ネオフレイム
メイトです。スフィリカルロードの所でも書いたように序盤に押し込まれる事が割とあるのでそれを返すためにも使います。序盤しか役割がなく被っても仕方ないので2枚。
広げられたときに都合よく引いてるかよといった感じですがこの2枚の採用は実質「スフィリカルと合わせて速攻に対する札を4枚」採用している事になりその中から1枚握ればいいので十分使えます

ソウルをリソースに変換できる札がレジェンドしかないので追加の除去として2枚
レジェンドGB2のターンやAceのターンの除去に使います。こちらも株って役に立たない上引かないといけないものでもないので増やしません

・ハルクロアー
ミラーやギアクロにはそうそう使えませんが、相手の超越前から置いておくことでクロノジェットの対象を散らすことができたりするので(当然サーデクが残った方が強い )、どうせ焼かれると雑に扱うのではなく使えないなりの価値を与えてやりましょう。
採用している理由については亡霊や奇術などの相手ターンの除去しか機能しない相手への有効札としてや、ノキエル相手に一発撃てたらほぼ勝ちなので抜けません。というかハルクロアーが絡まないといくら有利なノキエルといえど結構押し込まれて負けます。そのノキエルにもゲーム中1回どこかで引けたらいいので2枚


◯グレード1
・コンロー
スフィリカルだけの手札でオバロをサーチしGB2やAceに繋げたり乗りたいG3を拾ったり超越コストを用意できる便利な札です。また、CB回復のテキストもゲーム中一度は必ず使いたいため(2回はいらない)、ゲームを通して1枚引けたらよいので3枚

・ラーヴァフロウ
追加の超越コスト

・プロテクトオーブ
レジェンドで拾える完全

・ベローグ
横を殴られたら使えません。
ディナイアルと合わせてかげろうを使う理由になっているカードです。これを引けるかでギアクロやノキエルに対する勝率が大きくかわるので減らせません
ベローグを減らすくらいならかげろうは使わないです。


◯グレード0
・サーデク
単純にサーデクディナイアルに反応するだけでなくガトクロやバーンアウト、ムスタファーから連鎖して相手の盤面に干渉できるためかなり強いfvです。
サーデクを焼けない相手にはそれだけで有利がつきます

・コンロー
ヒール完全ベローグ、更に序盤は超越コストまで拾える超パワーカードです。
下でも説明しますがこのデッキはリアにGガーディアンを切るので完全ガードがないといくら強い手札でもネクステージで簡単に死んだりします。逆に完全があってもベローグディナイアルを構えられないターンはただの低要求のたいしてリソースも稼げていない弱いデッキなので常に握っていなければいけません。
グレード配分を歪めてでも入れる必要があります。
幸い削ったグレード1も2もこれ以上どうしても入れないといけない枠もないので若干のライド事故率以外に妥協しているものもありません

・トリガーについて
このデッキのドローはかなり強く、レジェンドGB2やグレートで変換可能、ベローグの関係上万の要求に対して5000を2枚切る場面も多く、単純に防御札を引き込めるため6枚のスタート、7枚でも構わないとおもいます。
ヒールも当たり前で4枚必須なので残りの枠になりますが、一見強いインスパイアエールを入れたスタンドメインの構築ですが
①戴天のターンにリアを焼き尽くしていてVから殴りたい場合が多い
②相手が四点のときスタンドで点を入れるより☆を乗せてリアも止めさせる方が強い
③スタンドだと捲らないとネハーレンのパンプが生きない
④単純にAceも戴天もヌーベルもレジェンドGB2も☆が絡む方が強い
⑤かげろうミラーでスタンドがあまりにも弱く、ギアクロ相手に広げられないときも悲惨
といった五つの理由からスタンドがかなり使いにくく抜けました。
これは他にかげろうを相談した人達も感じていて今後はスタンドが減ってクリティカルになっていくのではないでしょうか。確かにインスパイアエールの効果は強いのですが効果1回に対して1回スタンドを不発させるだけで要求的にはむしろ損なのでスタンドだとかなり噛み合いが求められます

◯Gゾーン
・ブレードマスター
減らす理由がありません。4枚

・Ace
2セットでもいいのですが基本的にリソースを1枚失うvスタンドで、超越コストと捨てるオバロのセットを2回も握る機会はまずないので2枚

・ヌーベルバーグ
保険です。止められたらそのターンCBを払ってただ殴っただけなので過信しないようにしましょう。どうしようもなくなったときに無理矢理勝ちます

・ムスタファー
ギアクロやサンクに焼けないとどうしても負けの試合が出るのでボーテックスと選択で乗ります
チクタクを確定で焼けるとかなり楽です

・ボーテックス
ノキエルにかなり強く、通れば2アド、完全を切られてもその時点ではまずレムノンが使えず、後続のブレードマスターも通りやすくなります。

・ディフィートフレア
コストが厳しいですが撃つ場面は勝敗に関わる場面なので常に意識しましょう

・ディナイアル
三回使うことはそれほど多くないものの使う場面はまず勝敗に直結する場面で、なおかつディナイアルより優先したいものもないので3枚

アジールオーブ
かげろうと対面するとギアクロがネクステージでごり押しにくるのであるとないのでは全然変わってきます。
ディフィートケアでV裏はあまり置いてきませんがディナイアル、ディフィートではチクタクをケアできないので必須です

・スクリュー
アジールオーブと選択です。コンローのところでも書いたようにこのデッキは横にGを切るので完全が必須ですが入れているとヒール2枚でそのターンを凌げます




◯採用しなかったカード
・クロスジエンド
入れたらレジェンドとスフィリカルロードの枠がなくレギオンスキルもなにも強くないので見送りました
先行でジエンドを当てるのは辛うじて強そうですが4枚も入れられません

・ルーレン
最初はベローグとセットで必須と思ってましたが、普通に殴り殺される、場に出すのでギアクロに使えないなど使いづらさが目立ったので採用しませんでした

・レアス
ブーストを置きづらいので便利ですが、コンローのところでも書いたようにvに完全を当てないといけないのでレジェンドで拾えるフレイムドラゴンでないといけません




プレイは冒頭でも書いた通り焼いて殴るだけですが除去の撃ち方などが案外奥深く使っていて楽しいです。
関東csで使う予定でしたがヒールを全く引けずボコられて萎えてやめました
おわり