みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

新規カードとか

カードも公開されたことなので金曜発売の天舞竜神のカードについて。一通りプロキシで触ったりもしたので感想とか書こうと思います

 

◯エンジェルフェザー

どの軸が強いとか新しい軸が生まれたとかはないんですが汎用性の高い優秀なカードが増えました

強さとしては5人チームなら候補に入るくらいまで強化されました

 

聖霊熾天使 アルティエル

新規の超越です。超越時に表のアルティエルの数だけ救援を行います。スタンドがメインの今のエンジェルフェザーだと微妙なんですけど、クリティカルメインとかだと実質ドライブ回数が増えているようなものです。またガウリールのボーナスから使うことでコストを帳消しにしたりケエルやアラトロンをメインフェイズに誘発できます。

起動のパンプは数値が1000と低めでなんでつけたのって感じではありますがなんとこれ回数に指定がありません。そのうち無限アルティエルとかになりそうですね

 

・黒衣の献身 フィレグ

ノキエルで使うと1アドとってまたダメージに帰っていきます。

 

・黒衣の救済 アラトロン

このカードを後列に置いて前にマーリクでスタンドを捲る限り永遠に前列2つがスタンドし続けます。G4ガウリールがVだとその都度マーリクにパンプも入るので専用のデッキを組むとワイズマンみたいな無茶苦茶が出来なくもないです

ヘテロやリリー砲撃がなければぶっ壊れてたかもしれないカード

 

 

◯シャドウパラディン

儀式が追加されて一番強くなったのはなんとdiabloでした。ドロップにG1を貯めるのもdiabloが感覚一番早いです。

なんだかんだdiablo超越2種のケアはローゼギアクロでも厳しく、今回追加のクランでは一番ワンチャンあると思います。

残念ながら儀式は現状1つのデッキとして差別化できるほどのカードが来ていないので、diabloで使うことを前提とした評価となります

 

・天空を舞う竜 ルアード

1回目は(儀式を満たしていれば)当てなくてよくてGB2を達成できるグリムリクルーターって感じです。達成されていれば乗るのもありですが、まあまず儀式は達成されてないと思うので2回目を考えましょう。2回目のルアードはそこそこの枚数コールできるので、単純に盤面を増やすだけの超越がなかったシャドパラでは選択肢としてなしではないです。ただ、その場合最低でも一度ルアードに乗っているかスペクトラルで表にしていないと流石に弱くて、まず初回でルアードに乗りたくないし、そんなにゲームが長引かなかったりそこまでいくとコールするG1が山から消えてたりと総評するといつ使うのこれってカードです

今後儀式が強化されても流石にこれには乗らんでしょって感じがしますね。かっこいいだけに残念

 

・暗黒竜 カーニバル・ドラゴン

 

こっちはTDから。

残念なことにルアードよりもまともな強化です。今まで確定で盤面に干渉できる札はなかったので初回の選択肢としてたまに使えます

 

・竜刻魔道士 モルフェッサ

儀式3でパワー5000、ヒット時CB1でG1コールを得ます。

単純にスペクトラルターンに横の打点が高いと決めやすくなりヒットしたときも弱くないのでマーハやダークサーガの枠を数枚これにする可能性はあり

 

・竜刻守護者 エスラス

今回の弾で一番普通に強いなと思いました。

儀式3とドロップの同名で場のカードを1枚完全ガードに変換できます。

diabloはホエルカエダンだけでもコストが足りるためカルマコレクターである必要はなく、スペクトラルが手札を切らない超越なので札を抱えやすく、このカードの回収効果と相性がいいです。

初動安かったらいっぱい集めようと思ってます

 

 

 

◯なるかみ

今回でディセとヴァンキッシャー、2つのタイプが戦えるレベルになりました。

どちらも初見で相手すると結構無茶苦茶されて負けかねないので一度相手するなり、手にとってみるなりした方がいいと思います。

環境内での強さで言えば、ギアキャットみっくを無効にできる数少ないクランで、相手の盤面を全て消してターンを返せるのがギアクロに対して強いので雷撃3~4貯まればかなり強くトリオの3枠目にはありです。

ただゾラスが止められるとどうしようもなかったりするのでなかなか強い反面使っていてイライラもします

 

・征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー"VMAX"

雷撃さえ貯まっていればバーンでエクストラウィンは思っていた以上に決められます。初回超越を相手が止められず☆が絡むと相手はそのターンで決めるかヒールしないと負けなので無理な展開を強要でき、そこにブルワークを当てて詰みまで持っていく流れも結構起きます。

また3点でvノーしたら☆1枚から急に死ぬこともあることを忘れないようにしましょう

下の複数攻撃のスキルは展開できない相手にかなり強く、リンクなんかは乗ってるだけで相手が滅びます。

どこまでいってもVoltageが強く思ったより乗る機会は多くないものの、選択肢にこのカードが加わったことが大きいです

 

・護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン

これも雷撃が貯まっている前提の強さですが、ノーコス25000ガードだけでもかなり強いんですがアタック終了時寝ている前列を焼く効果まであります。ヴァンキッシャーのGB2とチェインボルトのスキルが誘発するので相手ターンにVがパンプします。ギアクロ相手にこちらが先に超越していて雷撃が4貯まっていればメラムヒストリーのヒストリーにブルワークを切ってヒストリーを焼いてしまえばそのゲームはだいたい勝ちといっていいですね

思ったより除去が使いやすくはないものの使いどころを間違えなければ相当強いです

 

・ディセンダン

とにかく無茶苦茶なデッキで理不尽を全てVに集約しています

構築は☆16でひたすら殴るデッキで、ここだけ聞くとサンクでええやんってなるんですが実際はそうではなくサンクと違いほぼ3ノーさせられます(今のローゼギアクロは普通にvとダブクリ乗ったリアを止めてくる)。また四点まで突っ込んでいたときに決める性能もサンクより上でのり直しからディセンダントzワンキルとかしてくるので当たったらひたすら不快です。

解除がなくてもg2のり直しやシブリーズ無視でスキップして4点受けてきたり入れてきたりするので当たったときはお星様に祈りましょう

 

 

 

◯スパイクブラザーズ

ダッドリーが軸として成立したくらいでバッドエンド、ライジングノヴァでやることは驚くほど変わっていないので特に書くことがありませんね

今まで通りグッドエンドで初回超越ワンキルかライジングノヴァで先に2回超越して襲うのが一番よさそうです。ダッドリーもカードちゃんとみたらもしかしたら強いかもくらい

 

 

◯ギアクロニクル

こっちも構築に変化を与えるカードは出てませんが十二支新規は毎回確認した方がよさそうですね。十二支完全とスプリットペガサスは十二支の追加次第で評価が変わると思います

そのうちデミウルゴスが実用圏内になるかもしれない

 

 

◯アクアフォース

サヴァス蒼嵐蒼波全てに強化が来ました。

感想としてはまず蒼嵐が強さとしては論外で結局乗るのはコマンダーランブロスウェイリングなので強いのはラスカルとスピロスです。そいつらもg3まで使えないのでそこまで強くありません

サヴァスは名称サポートが強いのとサブVがなんでもいいのは強いのですが、ボーナスが空気過ぎるのが問題でいくら横が強くてもVがバニラでどうやってクロノジェットGとナイトローゼに勝つねんって感じで実際にそうなります

蒼波は実物フラゲでめちゃくちゃ強くなったんですがここまで縛られちゃうともう蒼波超越にしか乗れません

全部均等に強くしたせいで全部微妙になってます

ただ微妙と言ってもローゼギアクロがあり得ん強いだけって話でチームの3~5枠目に入るだけの強さはあります

 

・慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス

制限と除去がありますね。本来強いですね

なんとこのカード、殴る前にみっくギアキャットを使われてしまいます。悲しい

 

・ 風浪跳躍のイルカ兵

めちゃくちゃ強いです。基本的にアクアフォースは殴れる札を素引きしないといけないのが弱く、リアが枯れやすいので連波の指揮官の頃はドロー6にしたデッキも多かったのですが、このカード自信が殴れる札になるほか、ニキタスやカップルダガーとの相性もいいです。

アクアフォースは基本的にvが殴る前にリアが殴っているのでスタンドが腐りにくいのも利点です

 

 

 

 

 

 

⬛天舞竜神環境について

基本的にナイトローゼ、ギアクロニクルが強すぎて上二つは動きません。個人ならこの二つまたはサンクや七海ランナー(こっちは運ゲーなので別に勝ちきれるとは思ってません)から選ぶことになると思います。チームの場合3枠目が非常に悩ましく、どこかで妥協をしないといけなくなりました。

候補は以下の通りです

 

・リンクジョーカー

カオブレです。現在もトリオ3枠目として最も採用されているデッキだと思います。このデッキはギアクロニクル相手に五分程度に立ち回れるほか、サンクや七海ランナーといった速攻の枠にも相性がよく、ナイトローゼも対策を知っていない相手には勝てるので安定して勝てるので鉄板のような感じでしたが、次の環境では苦手なdiablo、なるかみ(ヴァンキッシャー、ディセ両方きつい)、アクアフォースにも押しきられる場面が出るためやりにくくなったと言えます。またカオブレが増えたことで狩りやすいサンクやランナーも気持ち減っており、ギアクロローゼもそろそろ立ち回りを理解してきていてポックルも入っているので鉄板とはいえなくなりました。

ただ、今後もマッチ次第では強力なので採用するチームはいると思います

 

・サンク

このデッキはもう3ノーさせてダブクリでしか勝てません。盛りでもなんでもなく相手に超越を返してしまうとほぼ負けなのですがそれでもプレイの単純さ、クリティカルさえ捲れば勝ちなので一定数存在すると思います

チームにサンクを入れることに特に理由はないもののそれでも入れるところは間違いなくあるのがヴァンガードですね

 

・ディセンダン

新たに現れたサンク枠です。こちらも3ノーさせて勝つのですが3ノーさせるだけに関しては条件がかなり緩く、超越までに3点いれてるだけでv単騎でも超越さえできればほぼ3ノーです。今のギアクロはvに完全、ダブクリがのったほうにヘテロでサンクのダブクリをケアしてくるので単純なおみくじデッキとしてはディセンダントが上です。またリンクに2面縛られてからでもvで理不尽に詰められるため相手を選びにくいですね。

どこまでいってもサンクもこれもトリガーお祈りなので大差ないですが。

 

・アクアフォース、diablo

どっちも似たようなもんです。カードのスペックが高いのにギアクロローゼが強すぎて日の目を見ないやつらです。

アクアフォースはギアクロに、diabloはローゼにそこそこやれるのとそれ以外には相手を選ばないので総合的な丸さでいうとかなり高めです。

 

ジェネシス

相手が誰だろうが無理矢理勝ちまで持っていけます。相性面の話で言えば一番いいとおもいます。ただ、勝つためにはプレイ難度がかなり高く、サンクや七海ランナーにはまず勝てないと思うのでそこが割りきりポイントです。

 

・ヴァンキッシャー

リンク以外で唯一ギアキャットみっくをケアして殴りにいけます。先に二回超越できたらギアクロにもかなり勝てる他リンクにほぼほぼ勝てます

問題はゾラスまたはチャトゥラが当たらないと話にすらならない不安定さです

 

 

まとめるとギアクロローゼが強すぎるということです