みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

乳首焦がすラナンキュラス

◼グレード3

胸焦がすラナンキュラス アーシャ×4

盛暑の花乙女 マルユッカ×4

 

◼グレード2

頑強の乙女 ノエル×4

理想の乙女 トゥーリア×4

日車の乙女 ラウニ×4

 

◼グレード1

開墾の戦乙女 パドミニ×4

フラワーキーパー・ドラゴン×4

メイデン・オブ・スイートベリー×4

 

◼グレード0

桃園の乙女 エルミ×2

青薔薇の銃士 エルンスト×4

メイデン・オブ・デイブレイク×4

コスモスの妖精 リズベット×1

蓮の銃士 リアナ×3

カミツレの銃士 ニコール×4

 

◼Gゾーン

常夏の花乙姫 ベラーノ×4

夢紡ぐラナンキュラス アーシャ×3

立春の花乙姫 プリマヴェーラ×2

冬麗の花乙姫 インベルノ×1

咲き誇るラナンキュラス アーシャ×1

エアーエレメント シブリーズ×1

聖樹竜 レインブレス・ドラゴン×2

秋景の花乙姫 ヴェルナ×1

ライトエレメント アグリーム×1

 

 

 

基盤は前と同じマルユッカラウニです。

以前から強化された部分を挙げます

 

・アーシャが「胸焦がす」になったことで初回のベラーノで両ラインブースト可能になってリリー一枚やヘテロ1枚では止まらなくなった

・ノエル採用で強力なキルパターンが増えた

 

この二点が主な変更点です。

では新規カードの部分だけ紹介していきたいと思います

 

【胸焦がすラナンキュラス アーシャ】


f:id:taetaemiltae:20161209151948j:image

①開花でSCCC1する能力です。ほぼ使わないので無視していいです。

②各ターン終了時に手札からカードをコールできます。ベラーノ以外に超越する場合に差が出ます。あまり大きな差にはなりませんが除去相手にボーナスが使えないという場面はあったので便利なスキルではあると思います。

③アーシャの超越ボーナスに似ていますが大きな差が出る点が二点。

まず一点目はコストにソウルブラストを要求する点です。マルユッカ入りのネオネクでソウルにパーツが入って困ることはあっても足りないことはまずありませんので単純に便利なスキルといえます。後述するノエルのパターンでは、②のスキルで事前にノエルをコールし、③でソウルに入ってしまったノエルを吐き出して0枚選択、そのあとベラーノでコールといった方法でソウルに入ってしまう事故をケアできます。もうひとつはブーストを与える点で、従来のマルユッカラウニでは要求の高い方のみをヘテロラウンドやリリーで処理してしまえばよかったのですがこちらはそうはいかず、ほぼ1~2面はヒットすることとなります。ラウニを当てなければ話にならないデッキでしたのでこれは大きな変化といえます

 

 

【頑強の乙女 ノエル】
f:id:taetaemiltae:20161209152943j:image

今回の最も壊れているカードです。

このカードとベラーノは値段が上がる気がするので早めに回収した方がいいかもしれないです

主な使い方は2回目の超越で、初回にベラーノに乗っていることを前提とし

①アーシャボーナスでノエルbをコールしABに1回ずつ

②公開に出てしまっているならベラーノコストで山に返し、2枚コール。

③v裏にトゥーリアコール

④後列のノエルのスキルを発動し手札を捨てて後列からのアタックを可能にします。

 

これでパワーが

ノエルC25000

ノエルD25000

ノエルA37000

ノエルB39000

v26000

+スタンドトリガーになります

 

※手札のトゥーリアの数だけそれぞれ8000ずつ上がります

※手札のデイブレイクの数だけ5000ずつ上がります

 

 

またヘテロラウンドやリリー砲撃1枚では到底止まらない要求で、環境上位のそれらに対しても確実なキル手段となります。

従来のネオネクではラウニを当てられても決めきれず、返しのターンにネクステージやガッシュでトドメを刺されてしまう展開も多く見受けられたのでノエルの追加はとても大きな要素といえます。

またこの動きにはCBを1使うのみでそれ以外にCBを必要とせず、点を止めてくるであろうジェネシス相手に対しても確実に決めにいくことができます。

 

また後列から意味不明な打点で複数回アタックが可能なため、不利であったリンクジョーカー相手に可能性を残すことが出来るようになりました。

 

 

【冬麗の花乙姫 インベルノ】
f:id:taetaemiltae:20161209155501j:image

ノエルを引きすぎてしまったりドロップに複数落ちたときの選択肢です。

雑に戻して雑に集めて雑に決めます

 

 

 

 

これら3枚の追加によって、ネオネクタールの位置は大きく変わりました。

少なくとも超越デッキのなかではナイトローゼ、ギアクロと並ぶとも劣りはしないトリオだと必須クラスのパワーを得ました。

それどころか、ラウニが1~2発さえ当たってしまえば次のターンにヘテロリリーを無視してほぼキルまでいけてしまうためギアローゼを使うよりも楽にそれら2つに勝てると思います。ちゃんと使えるようになった時の柔軟性ではさすがに劣りますが。

 

またこのデッキの評価すべき点は今後全国や世界の結果を受けギアローゼ、苦手なランナー、なんだかんだ初回でワンキルされたらどうしようもないジェネシスあたりが規制される事が予想され更に環境における立ち位置を向上させる可能性が高いことです。

次のトップ候補だと僕は思います。

 

最後に構築のポイント

・スイートベリー

→すべての動きにアクセス可能なためデッキ全体の丸さを優先しこのカードを選びました。他の候補

G1バニラ

サフラワー

 オデット

辺りです。オデットは序盤に投げて使って初回超越で手札に帰れてカトリーナのような動きをできるため結構便利くらいのカードです。結局マルユッカラウニ、ノエルが強いのであくまでサブプラン程度ですね。

 

 

デッキ相性

ナイトローゼ 5:5くらい。

相手が序盤どれだけ殴れるか、こちらがそれをどれだけいなせるかにかかっています。ノエルターンまでいけばリリー砲撃なんて誤差なので勝てます

 

ギアクロ

5:5くらい

ローゼと違いヘテロ複数で点が進んでなければ耐えられてしまう可能性がありますが、ラウニに撃たれても1/4くらいでまたトゥーリアまたはラウニが降ってくるのでドローは防がれにくく、相手も序盤が弱いのでローゼより先行超越を取りやすいので相性的にはにたようなもんです

 

ジェネシス

7:3

初回でやられなければまず勝ちで先に超越するのも容易なので基本的に勝てます

 

七海ランナー

3:7~4:6

どこまでいっても超越デッキなので不利です。基本的に7割負けます。ラウニにドローを付与するのがGBではないので付与できたら4:6くらいになるかなって感じです

 

リンクジョーカー

4:6程度

ノエルというごまかしの手段を得ましたがそれでもきついです。ノエルで決められなければまず負けるでしょう

 

サンク

7:3~6:4程度

相手の初回で3ノーダブクリじゃなければもうほぼかちです。ドローがすべて当たってレインブレスマルユッカを構えられるのでどうにもなりません。

 

 

 

胸焦がすが高いですがさすがに多少おちつくでしょう。

規制とか発表されたらネオネクに移る人も増えるので基盤となるベラーノやノエルあたりは需要が高まり高くなってしまうかもしれないです。使うなら今のうちにって感じですね

 

おわります