みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

規制発表からローゼの構築はだいぶ移り変わりました的な

タイトル通りです。

みっくの規制が発表されてから一週間、この短い期間でローゼの構築は毎日目まぐるしく変わったのでその変化を順に追っていきたいと思います。

 

まずは規制発表直後の仮のもの

◼グレード3

夜霧の吸血姫 ナイトローゼ×4

一鬼当千 ナイトストーム×1

海淵のゾンビホエール×1

 

◼グレード2

倦怠の呪術師 ネグロレイジー×4

ケルトンの砲撃手×3

腐海の呪術師 ネグロルーク×2

キング・サーペント×1

 

◼グレード1

粉骨の呪術師 ネグロボーン×4

お化けのとみー兄弟×4

お化けのくいんしー×2

お化けのべいる×2

竜巻のジン×4

 

◼グレード0

死せざる死者 グルナッシュ×1

お化けのちゃっぴー×1

ランペイジ・シェイド×4

荒海のバンシー×4

演奏するゾンビ×3

お化けのみっく一家×1

お化けのばーなーど×4

 

◼Gゾーン

嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ×4

屍の幻妖術師 ネグロゾンガー×2

不死身の船 イモータル・ガレオン×2

購いの海賊王 ドラクート×1

お化け大王 おばだいあ×1

エアーエレメント シブリーズ×1

招来の幻妖術師 ネグロノーラ×2

夜宴の大呪術師 ネグロリリー×2

蝕骸竜 ディープコープス・ドラゴン×1

 

 

 

この時考えていたことは

・もはやリンクどうこう言ってる場合ではない→ポックルの不採用

・みっくに変わるラストターンの要求手段として、くいんしー+演奏のスタンド確定ムーブを採用

・クリ11は意味がない(初回でダブクリは強いけど、それ以降ローゼのクリティカルが環境デッキ相手に機能しにくい。ローゼミラー、ギア、ルアードには簡単に止められてしまいリンク相手も☆云々のゲーム展開にならないので。)

 

 

といった感じです。規制でもっとも印象的だったのはやはり、みっく複数枚を絡めたパンプ込みの確定スタンドターンの消失。これが一番大きいです。

そのため、この時点ではそのラストのターンをいかにして補強するか、それを重要視していました。

しかし触ったりしているうちにいくつかの問題点が浮上してきました。

 

・ラストの盤面を作る主な手段がGB8=ヒール2枚握れないと不安定

・道中の要求が低すぎてラストターンがルアードや余裕のあるときのギアクロニクルに耐えられてしまう。

・押し込まれて返す試合など、そもそも明確な「ラストターン」が存在しない試合において何もできない場合がある。

 

といった感じです。気付かぬうちに僕の愛したナイトローゼはゴリツッパネタデッキに成り下がっていました。これではいけません。

 

 

そこで方針を切り替えます。 

 

 

そもそも今までのコントロール→ラストターンの確殺が可能だったのは、明確にラストと言える盤面を簡単に作ることができたからであり今は違うので、デッキの方向性をコントロールから通常のビート寄りのものに変更

・上記にともない前列打点の増加、くいんしー演奏ギミックの不採用。ドラクート増加

・4超越目を迎える山を残すことが困難なため、3超越で決めるための明確なプランを用意する。

 

こうして構築はドラクートをメインに据えたものになりました。

ここでフォロワーさんの1人から急にDMが来ます。

 

「あの、ソードマスターミミックどうです?」

 

最初はいや流石に、ほんまか?とか思ったんですがみっく規制前とは状況が変わったこともあり再検討。すると、ソードマスターを採用するメリットが溢れるように出てきます。まず、打点の問題の解消。2超越目、もしかしたら3超越目もドラクートで迎える次の構築において後列用の亡霊であること(みっくの制限でだいぶ対象が減りました)。次に、非常に置くと想定される盤面との相性がいいことです。

ドラクートに乗るターン、だいたいはネグロレイジーを展開に絡めることとなります。レイジー裏で21k、更に、反対のラインにルーク、ボーンまたはフェイタル等のラインがあればそちらも26kです。

更に、このカードは相手ターンのvパンプも可能で、14000という数字はメラム、ドキドキブーストのヒストリー、単騎のディレイド、表が6枚までのスピンサーペント、5枚までの十二支G3が止まります。要はギアクロのリアほぼ全てですね。

現状、vパンプをしたい相手としてもっとも大きいのがギアクロニクルなのでこの点は非常に大きいです。

またレイジーがカリブムされた場合に呼ぶことができ、自身がカリブムを食らえばみっくになります。こうしてギアクロのカリブムの無力化にも成功し、現在ではその対策としてグリマーブレスが採用されているほどです。

こうして完成した構築が以下のものです。

 

f:id:taetaemiltae:20170523140059j:image

画像は構築を試すために大会に参加したときのものです。

 

ここで検証していた点は以下のものでした。

 

・ナイトストーム無しで決められるか

・対ルアードにおいて削りきることが出来るか

・ギアクロニクルとの相性

・規制によるミラーの立ち回りの変化。

 

まず一点目について。こちらについては問題なく、そもそもトームを採用する理由として大きかったのは、ラストターンに複数回パンプしたストームを確定で起こすことで効果を2回使えるため、要求がはねあがるというものでした。しかし確定スタンドも、ラストターンも不安定になった今使わない試合も多く、その分、道中の要求、雑なラストターン盤面でも機能するゾンビホエールの2枚目採用しました。

またリソース獲得の手段をドラクートからのランペイジや絶叫するバンシーとしていたので、それらと組み合わせて前列で要求可能なネグロルークも可能な限りで枚数を増やしています。

そして前述のミミック、確定スタンドにつなげられ相手ターン妨害でも使うためかならず必要といえるべいるを採用し、しっかりと要求するためにボーンが4。その都合でフェイタルを抜きました。

これで好感触を得られたので、関西VGCSのときにペストに貸す構築はこれでいこうと考えていました。

 

しかし前日にギアクロニクルとフリーをしてみたところ、トリガーのブレも多少あったものの、みっくによる差が思ったよりも大きく、連パンに沈みやすくなっているという点が判明。急遽ボーンを1枚フェイタルシェイドに変更して相手ターンの固さを上げ、またギアクロニクル相手の勝率が振るわない可能性も考慮し、かわりに別のデッキは絶対に取れるようにすることでアベレージを維持できるようにポックルを採用。

ボーン1→フェイタル1

ルーク1→ポックル1

それにともないコープスをアグリームに変更しています。

そして軽く回し方を説明し当日を迎えました。

 

 

結果構築をシェアしたかのと君が優勝、ぺすとも全勝で4位と納得のいく結果を持ち帰ってくれました。

 


f:id:taetaemiltae:20170523141557j:image

こちらがかのとくんの構築。ストーム、サーペント2枚目は好みの域だと思います。本人も終わってからストームよりもホエール2枚目が必要な場面が多くあり、サーペントももしかしたら1枚でいいかもしれないと語っていて、ポックル不採用から決勝ではカオス相手に苦戦している様子でした(結果はチームが勝って引き分けで終わり)。

ラインで希望者に構築をテストプレイしてもらって集めた意見なども参考にし、なおかつ自身での感覚、結果の裏付けもとれたため、規制後のナイトローゼの構築はこれで構わないという手応えを得ました。

 

そして、鬼神降臨の収録クランが環境に大きな変化を与えることになるとは今のところ思っていないのと、関西VGCSのクラン分布や傾向からある程度環境が見えてきたため、もう一度最後に構築の検証をしてみました。

 

まずはシェアとして多いのはサンク、ギアクロニクル。それについでギアローゼルアード。さらについでなるかみフェンリルダクイレであること。

懸念していたルアードを削りきれるかという点については、そこまで過剰に寄せなくても通常の構築、プレイの範囲で十分可能であったこと、リンクのシェアが想像よりも多かったこと。そして最大母数をサンク、ギアクロニクルが占めていたことから最終的にはこの構築に落ち着きました。

 

 


f:id:taetaemiltae:20170523142553j:image

 

ルークが結局1枚に戻り、砲撃が4になっただけですが。

意図としては、耐久クランやこちらがツッパしないとコンボを決められて負けるため早期に決着をつける必要があるダクイレ、ジエマネシスにたいする要求は十分であると判断したため、サンクやギアクロなど、「こちらが耐えさえすれば確実に削れる程度のリソース量の相手」をより取りやすくする。という具合です。

現状これ以上の変更は思い付かないです。

ちなみに対ギアクロなんですけど、グルナッシュは先駆しません。カリブムくらい損で初回のガッシュの枚数を稼ぐ必要もある。そして相手が無茶苦茶するにはある程度cbが必要かつ序盤に切れる万が少ないのでノーしてもらえるからです。

序盤は適度に2~3点いれ、そこからは札を増やしたりドラクートで盤面のパーツをしっかり焼きながら1~2点ずつ刻んでいくことで相手に最大値を出させないようにします。

そして目標は相手の二回目のvスタンドを耐えるところまで行き、こちらが3超越目を行えば勝ちです。この流れを目指しましょう。

必要に応じてちゃっぴーでみっくを置いておいたり、ドラクートで出したソードマスターを亡霊にしないことでvパンぷを複数構え、楽に構えられるようにしましょう。

グリマーで2枚とも処理されたりしなければ勝てます。

ポイントとしてこちらの初回で四点目を入れるくらいで殴りましょう。三点いかだと余裕過ぎてVスタンドを温存される場合があります。

そしてお互い4点からネクステージターンの最初の横を受けてあわよくばダメトリ、そしてヒールを潰しつつ次のドラクートで5点目。次のネクステージを耐えて勝ち。こういった流れが多いです。

リソース管理が難しいですが上達すれば規制後もナイトローゼはかなり強いし楽しいです。おわり