みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

鬼神降臨デッキあれこれ

未公開もあるので変わるかもしれないです。

 

【ロイヤルパラディン(ブラスター)】

神聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー×4

神聖騎士 ガンスロッド・ピースセイバー×2

神聖竜 レリジャス・ソウルセイバー×2

神聖竜 ミリアド・ソウルセイバー×1

集光の聖騎士 オルビウス・アヴァロン×1

エアーエレメント シブリーズ×1

神聖獣 ディバイン・ますくがる×1

大いなる閃光 イゾルデ×1

神聖竜 レーザーガード・ドラゴン×1

小さな大賢者 マロン×1

ライトエレメント・アグリーム×1

 

ブラスター・ブレード・エクシード×4

新風のブラスター・リュー×1

 

ブラスター・ブレード・スピリット×2

ブラスター・ブレード×4

スターホープ・トランペッター×4

光と闇の愛弟子 リュー×4

 

ブラスターフレンド ばーくがる×4

月桂の騎士 シシルス×4

小さな軍師 マロン×2

聖泉の巫女 リアン×4

 

ういんがる・ぶれいぶ×1

新星の騎士 リュー×4

フローラルパラディン ふろうがる×4

あろんがる×4

ますくがる×4

 

○解説

前も記事にしました。あれから回してちょっと変わってます

ブラスターとバレるとスキップされる場合があるのでリューを採用。超越後はそんなに使わないので3枚です。

めちゃくちゃ固いです。特に、序盤相手が勝手にサンクと勘違いしてアタックを抑えてきたら不死になります。

ただ問題があり、ギアクロ以外の上位デッキのリソースが安定し始めると要求が結構足りません。要は攻めが足りないんです。なので早い段階からある程度札を削ったり点をいれてリソースを追い付かせなくする必要があります。

試した感じナイトローゼはまだ勝手に完全が落ちたりするのでなんとかなります。というか、ガレオンを耐えてLOをねらうことも出来てしまいます。実は2超越目からずっと☆2のvに乗れるのでCB3以降与えず止めてなおかつリソースも稼げます。

ルアードダクイレなんかは1回パターンに入られるともう6点ほぼ入れられません。この辺がきつすぎて環境上位にはまだ少し届きません。

とはいえカードのスペックは非常に高いデッキで、足りないグレードや超越コストも拾えるのでもう少し手が加われば化けそうです。

具体的には耐久を狙えるよう山回復がくるか、ちゃんとルアードなどにも決められるような要求を取れる手段がくればってところです。

 

 

 

ジェネシス(フェンリル)】

結局強さならフェンリルループが一番です。

もうひとつの軸については考えてみましたが現状ワイズマンターロがあるかぎりそれと比較して並ぶだけのデッキにするのは難しそうです。天啓が使いやすくなったので早い段階からトリガーを絡めて攻めるデッキのような感じにするのはありそうです。

構築は以前のものからほぼ変わりません。完全ガードが新しくなるかどうかといった感じです。

 

 

 

【かげろう(ブレードマスター)】

天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター "戴天"×4

炎熱機竜 ズィーゲンブルグ×4

神龍騎士 ムスタファー×1

天皇竜 ボーテックス・デザイア×1

炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×3

天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン×1

炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×1

神龍騎士 アブドサラーム×1

 

ドラゴニック・ブレードマスター "紅焔"×4

ドラゴニック・ブレードマスター×2

 

ワイバーンストライク ドーハ×4

ドラゴンナイト ムブディ×4

ラディエント・ドラゴン×4

 

ラーヴァフロウ・ドラゴン×4

ドラゴンナイト ナーデル×4

プロテクトオーブ・ドラゴン×4

リザードソルジャー ベローグ×3

 

リザードソルジャー コンロー×1

ドラゴンナイト ジャンナット×4

インスパイアエール・ドラゴン×4

ガトリングクロー・ドラゴン×4

マザーオーブ・ドラゴン×4

 

○解説

これといって特別なことはしません。シンプルに殴っていくデッキです。

ムブディがめちゃくちゃ強くターン1もないようで、基本的に焼きながらこいつとラディエントをスタンドで起こして殴っていく感じです。

超越も基本入れている択からしか選ぶこともないです。使いやすいのでこれからやる人とかが練習するのにとてもいいデッキだと思います。

強さ的にはローゼやギアクロに押しきられがちなので少し環境には届かない程度です。ヒール握ってムブディを連打できたらその辺にも勝てます。環境の位置的にはカオスくらいの位置にはあると思います

 

 

 

【ぬばたま(支配)】

閻魔忍鬼 ムジンロード×4

閻魔忍鬼 マグンテンブ×4

六道忍竜 ロクシキラカン×1

六道忍竜 ツクモラカン×1

六道忍竜 ゲホウラカン×2

呪経忍妖 ザシキヒメ×2

密言忍仙 アブダタイシ×1

 

魔忍竜 シラヌイ "朧"×4

忍竜 シラヌイ×3

 

千本太刀の忍鬼 オボロザクラ×3

忍竜 フウライ×3

忍竜 ゲンカイ×3

夜霧の忍鬼 ミヤビ×3

 

忍獣 カタリギツネ×4

忍竜 テンガイ×3

嵐の忍鬼 フウキ×3

帳の忍鬼 クレナイ×4

 

忍竜 マドイ×1

忍竜 ノロイ×4

研鑽の忍鬼 トラサダ×4

忍竜 オニビドウシ×4

微笑む幸運 ザシキヒメ×4

 

○解説

現状ぬばたまの「支配」は直接ゲームを終わらせるに足るスペックを持ち合わせていないため、このデッキではツクモラカンまたはGB8で確殺するための手段として用いています。

基本的に1~2超越で支配を絡めて点を伸ばし、ツクモラカンorロクシキラカンで物理的に守れない手札枚数にして勝つといった感じです。

旧シラヌイは2枚の人が多いですが乗り直しでボーナスツクモで相手の砲撃やみっくを消しながら手札を3枚にできるので3枚いれています。

テンレイについては見た感じ強そうなスキルを持っていますが、支配が先に殴る関係上、相当打点に差がない限り基本先に殴ってきたところを受けてダメトリ期待するのはヴァンガードの基本です。また、基本的に相手の方がリソースは多いため、当たったとしても、「相手のキンナラ的な札によってこっちの7000が消された」となる場面も多くあり、クランを得る効果も基本的にタイダルアサルト辺りくらいにしか使わないので不要と考えています。一応ストライダー指定のカードとかにも使えますけども。強いカード大体が起動なので効果は相手に使われてしまうんであまり意味があるかは怪しいと思います

G2についてはまずゲンカイ、2枚使うコストどうみてもないですね。ミヤビは処刑の際の安定度が全く違うので最終的に一枚握っていられるであろう3。バニラは3枚以上ないと機能しないと考えています。フウライは単騎で相手のVにとどくのでこのデッキで唯一4枚つみたいグレード2ですがどうしようもないです。妥協しましょう。

トリガーについてはドローでリソースどうこう言ってられるほど増えないので☆を当てた方がまだ勝てます。あと4点ツクモゴーの場合4ノーに人生がかかるシーンも多く☆の方が機能する場面が多いです。

理想としては初回の支配込みの連パンで相手を4点~にして次のツクモにシラヌイフウキミヤビから1~2枚絡めて1枚なら4ノー、2枚なら足りないであろう状況にしましょう。

現状ハマれば勝てる程度です。実際のところツクモツッパに向かう手段が多少増えたくらいで本質はランページの頃から変わっていません。

次の強化でガッシュ、ベリアル並の追加が来れば一気に環境クラスになりそうなポテンシャルはあります。

 

 

 

【ダークイレギュラーズ(シャルハロート)】

常闇を裂く者 ブレダマオス×4

忌まわしき者 ジル・ド・レイ×2

罪深き者 シャルハロート×2

悲哀の斬撃 ルジェイラス×2

エアーエレメント シブリーズ×1

断絶の医学 ヴィンセント×1

夜陰の紳士 サン・ジェルマン×1

幻獣咬爵 サブナック×1

偽りの闇翼 アグラト・バト・マラト×1

ライトエレメント アグリーム×1

 

罪を灌ぐ者 シャルハロート×4

グレンツェント・ヴァンピーア×4

 

デモンテット・エクセキューショナー×4

愛着のサキュバス×4

フライング・ライブラリアン×3

 

ヴェアティーゲル・イェーガー×4

ディメンジョン・クリーパー×4

純愛のサキュバス×3

貪欲のサキュバス×3

 

ディレンジ・シンギュラー×1

独眼のサキュバス×4

悪夢の国のモノクローム×4

ヴェアカッツェ・レクルト×4

専門医 ヴィンセント×4

 

○解説

レダマオスがぶっ壊れで、試した感じ簡単にデッキがトリガーだけになります。

初回はルジェイラスに乗ってクリーパー+愛着等でリソースを稼ぎながら山を削り、2超越目で山を削りきってブレダマオスでトリガーマウンテンを作り上げてリアのガード制限シャルハロート等にトリガー全ツします。

新FVがぶっ壊れで突っ込めるのが自身だけでも二枚引けるらしく、序盤引いてしまったクリーパー、イェーガーでお猿さんになれるためかなり使いやすいFVだと思います。

シャルハロートのボーナスで超越時に構えている砲撃を使わせられるので、みっくじゃなければ止められることはないです。

防御面に多少難ありなのでローゼギアクロ等が結構きついためデッキの完成度としてはブレイドウイングが上かもしれませんが、動きがかなり面白く使っていて楽しいデッキでした。

雑に引きまくって雑にトリガーを戻すのが気持ちいいです。

このデッキすぐにデッキから超越コストが消えるので気を付けましょう

 

 

 

 

【ギアクロニクル(十二支刻獣)】

流石にまだテンプレクロノジェットのほうがつよいとおもいますが、地味に十二支にもバカにできないカードがちょくちょく出てきており、展開も十二支推しなのでそのうち既存のギアクロに取ってかわる可能性はあると思えてきてます。

名前忘れましたがRRのG2とか追加次第で強そうだしG1のやつもなかなかで、過去のカードで言えばスプリットペガサスやアルカも追加で化けそうです。いつまでもテンプレギアが最適解とはかぎらないので、「また十二支強化かよ」といわずたまにカードを見ておいた方がいいかもしれません。

 

 

まあこんなかんじです。今回のパックは面白い動きのカードが多くて使ってて楽しそうです。おわり