みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

鬼神降臨環境

愛知に出るのに結構考えてたので適当に

 

核になるデッキは以下のもの

・ルアード

・ギアクロ

ブレイドウイング

・ナイトローゼ

・かげろう

ジェネシス

 

これらが候補になります。かなり相性が重要なゲームとなりました。というわけでわかる範囲で相性をそれぞれ書いていこうと思います

 

○→7:3から上

△→6:4~4:6くらい

×→3:7から下

 

 

○ルアード

ループとスタンド無しが存在

・ギアクロニクル(△)

最近の構築ではギアクロニクル側がリアを全部消しながら殴るルート等を見つけていて厳しい戦いになります。またゲームスピードがルアード側のリソースが追い付くより早くなる場合もあります。基本一定ラインまで耐えたら相手が詰むので、ギアクロの攻め手やルアード側のダメトリ、ドローヒールにより左右されます。まあ五分くらいといったところ

 

・ナイトローゼ(×~○)

意味不明な評価ですが理由があります。何故ならルアード側のプレイで相性が全く逆のものになるからです。

ルアードが普通に殴ってドラクートを強く使われたらまず負けます。LOを狙ったりダメージを調整してループに入れたり、ホエルカエダンとGB8をうまく使い分けて要求できると一気に相性が逆になります

 

ジェネシス(×)

ループを止める手段もこちらが初回超越で決める手段もないためかなり不利です

g1で2ターンスキップから全部札を投げて突っ込んで、初回超越でかならずcb2を残し次の超越で無理矢理スペクトラルを起こして死んでくれるのを祈る位しないと勝ち目がないです

 

・かげろう(△~×)

相手のGゾーンに依存します。GB8を二枚入れられていると相手が先に達成できる都合から、かげろうGB8→ルアードGB8→かげろうGB8の順でゲームが進み負けます。またヒールをGB8、ループまできっちり抱えられてると3パンで終わるのでまあそうなるともう無理です

 

ブレイドウイング(×)

こちらの攻撃が3~4パンなのでティボールドが毎回万パンプで襲ってきて、要求もとおらないし盤面を焼いても困らない相手なので相性は最悪と言えます。

 

【総評】

全体的に有利とは言えない対面が多く、こちらが対面への理解をちゃんと持ってることを前提とした上で更に明いての理解が足りてないことが前提になるので環境には向かい風です。ゲーム時間も伸びやすく時間切れで負ける場面も出ないと言えないデッキです。

対ルアードに関してはルアードの母数が常に一定はいる印象なので構築で一応ちておくか、くらいに頭のすみに残しとけばいいと思います

 

 

 

○ギアクロニクル

・ナイトローゼ(×~△)

基本的に前から引き続き不利寄りです。対面するとギアクロ側は人生をかけて突っ込むしかなく、通れば勝ちみたいなゲームを強要されます。1ヒールですら致命的

 

ジェネシス(○~△)

単純に要求でジェネシスが沈みやすく、ジェネシスで対ギアクロニクルを理解している人も少なくあたったら勝ちやすい対面です。相手の理解度が高いとそれなりに負けます

 

ブレイドウイング(○~△)

ジェネシスと全く同じといった感じです

 

・かげろう(×~△)

ベローグがめちゃくちゃきつくてコンローから初回vスタンド盤面焼きまでされるのでかなり厳しい対面です

かといってかげろうもリソースが厚い訳ではなくネクステージでごり押しが通るときもあるといった感じです。

 

【総評】

「詰む」対面がなく他のデッキで取りづらいダクイレジェネシスに強いためチームだと引き続き必須の枠です。母数も最大となるため常に意識する必要があります。

最強ではないけども最優といったイメージです

 

 

 

○ナイトローゼ

・ギアクロニクル(△)

・ルアード(○~×)

 

・かげろう(○~△)

さすがにめちゃくちゃ有利!

ってことも実はなく普通に負けかねない対面です。

まずラストターンがヒールを抱えられると普通に耐えられること、焼かれるから構えられないところに毎回ズィーゲンが飛んでくるので相手の要求も楽ではないことが理由

ただ、あくまでかげろう側にもやりようがあるという話であってさすがに有利です。

 

・ダクイレ(×)

ダクイレ側がなるべく点をいれないだけで簡単にローゼがLOします。こちらのラストターンも普通に耐えられます。

また余裕があれば相手は普通に要求してくるし、ローゼは勝手にヒールが減っていくデッキなので枯れたところにジルドレイでも終わりです。

 

ジェネシス(△)

2面ワイズマンが止まらないのでつっぱするしかないです。砲撃はv裏に置いとくとかgb2で一応置くとかで念のため程度で考えておく必要があります。

亡霊で横を消しながら殴れるのでcbがもらえるのはメリットです。

襲うか耐えられるかになります

 

【総評】

ちゃんと使えてどれにも五分~ちょい有利みたいな感じになってしまいました。

いくら対策を練っても負け筋が消えきらず、以前ほどの強さはないです。

対応力はまあある方なので、安定したデッキを使いたいというのであれば候補にはなるかなといった感じですね

 

 

 

 

ブレイドウイング

・ルアード(○)

・ナイトローゼ(○)

・ギアクロニクル(×~△)

 

・かげろう(○)

焼かれてもいい、vが起きても余裕で止まる、ディナイアルベローグなんてどうでもいい、LOも6点いれるのも自由

驚くべき有利対面です。

 

ジェネシス(△)

ループかデマゴアサシンかになります。こっちが先に仕掛けられる分デマゴアサシンの方が安定しないといった感じです。基本的にデマゴアサシンを耐えられるかパーツが揃わなければループされて負けみたいなゲームになります

 

【総評】

一般のデッキに対して不死+LOプラン+ナイトローゼのラストターン並の要求を複数回できて多くのデッキの人権を奪っています。ジェネシスや対ミラーにおいてもデマゴアサシンという不安定ながら詰まないための手段も持っていてとても高いスペックでまとまったデッキです。

問題はサリヴァンを引くための安定性。乗れさえすれば5点、アシスト、2枚切って超越からでも勝てます。カードが集めにくい、動きが特殊、意味不明な負け方をする時があるので受けはそんなによくないと思うため母数がそんなに増えるかは謎です。試して合わずにやめる人が多そうです。

 

 

 

 

ジェネシス

・ナイトローゼ(△)

・ギアクロニクル(×~△)

ブレイドウイング(△)

・ルアード(○)

 

 ・かげろう(×)

ディナイアルがあるかぎりこっちがループをできることはほぼなく、それだけならLOを狙ったり出来るんですが残念なことにコストの軽いVスタンドや横で要求できるカードまであり完全に終わりです。おめでとうございます

 

【総評】

ジェネシスがあやふやな人が多かったり、どのデッキもやりたくないミラーを踏むこともほぼないので対面のマッチング運が良ければめちゃくちゃ勝てます。

デマゴアサシン、サンク、ギアクロ等ヒールやダメドローを複数回要求される対面も多く、相手がわかっている人だとループを止められないデッキならスキップしたりぜんぶだして突っ込んでくるのでそこまでおすすめはできません。またプレイで目指すものが一般的なデッキとは違う位置なのでヴァンガードのデッキを回す感覚ではうまく回せないのも難しいところ

流行ると一発規制されたり、プレイヤーの理解が深まったり構築で対策されると一気に無理になるので今だから勝てているデッキとも言えます

 

 

○かげろう

・ナイトローゼ(△~×)

・ルアード(○~△)

・ギアクロ(○~△)

ジェネシス(○)

ブレイドウイング(×)

 

【総評】

一番王道のプレイでブレイドウイング以外に安定して立ち回れます。プレイに自信がない人やうまくなりたい人にもおすすめ。これから今のルアーどくらいまでは母数も増えると思います。ギアクロ、ミラーに寄せていっていいと思いますね。

 

 

 

 

番外編

 

○サンク

どれにでも五分!を売りにしていたサンク君。かげろう、ブレイドウイングが普通に3ノーすらしない場面が出て来てその位置すら危うく、今の環境でとりあえずサンク!をやる理由は薄いと思います。

それでも類いまれなるばくめくりにより無慈悲に勝てる場面はまあ、あるっちゃあるのでは

 

○スパイク

ブレイドウイングやジェネシスにそこそこ勝てると思います。実は対策すると普通のデッキならハリボテ同然なので対策を知っていれば大したやつではありません

 

○なるかみ

GB8撃とうとしたらブレイドウイングのドロップがなかったとかいうウケる状況もあります。単純に厳しくなりました

 

○リンク

環境みたらわかりますがきついデッキしかありません

 

○ぬばたま

支配は実際のところどうでもよくてツクモラカンフウキミヤビが決まれば大体誰にでも勝てます。今後に期待

 

○ブラスター

めちゃくちゃ固いんですが要求が弱いので一部に絶対勝てない

 

・シャルハロート

触れば分かりますが、1回目で札めちゃくちゃ増やして2回目で横がガード制限のトリガーだけの山でvスタンドできるのでそこそこやれます。じつは

 

 

 

まあこんなとこです。おわり