みるたえさんのお告げ

みるたえです。Twitterは@Rn2pxTOEEPcQ1Rj

2017年上半期 総括

今年ももう半分終わりました。

ヴァンガードリザルトのシーズンがまた移り変わるので、今期のまとめでもやろうかなと思います

 

まず今年でたcsのまとめ

 

・YVGCS 4-1 予選落ち ナイトローゼ
・関東VGCS 7-1 3位 ナイトローゼ
・エイジランドCS 4-1 ベスト8 ナイトローゼ
・魔王杯 6-2 2位 ナイトローゼ
・埼玉VGCS 6-1 2位 ナイトローゼ
・埼玉VGCS 6-0 1位 ナイトローゼ
・八王子VGCS 6-1 2位 ナイトローゼ
・帝王杯 2-2 予選落ち ナイトローゼ
・大和VGCS 5-1 ベスト8 ナイトローゼ
・愛知VGCS 7-1 2位 ナイトローゼ
・193vgcs 4-2 2位 ナイトローゼ
・大和vgcs 7-1 2位 ナイトローゼ
・愛知VGCS 5-3 2位 ブレイドウイング
・魔王杯 5-2 2位 ナイトローゼ

 

74-19で勝率は79.5%でした。去年、一昨年と年間勝率8割越えていたので下半期で巻き返すしかなくちょっと焦ってます

ちなみに明らかに戦犯はブレイドウイングの3敗で、ナイトローゼだけなら8割越えているのでブレイドウイングに浮気したことを後悔しています。

19敗の内訳は大体覚えていて

 

1.ペストのランナーに負けた

2.サンクに初回のレガリアで沈められた

3.ギアクロの最大値プレイにダメトリが一切乗らず死亡

4.ランナーに負け

5.ミラーでラストのガッシュ前に5→4ヒールされ、ガッシュターンに6.7ヒールされる

6.スペクトラルホエルホエル2ターン連続に対してヒール、完全のほとんどがローゼGB2とダメージに消えて負け

7.サンクに後1クリ、後2クリ、レガリアでトリクリ

8.初回スペクトラルホエルホエルクリドローヒールクリ

9.ギアクロに先3クリで4点から初回メタリカダメトリ乗らず死亡

10.ジェネシスにアシスト2回はずして乗り直す2もなくシブリーズワイズマンで横にパンプされてターロ連打され負け

11.ランナーに負け

12.ミラーで完全3、ヒール3がダメージとローゼGB2で落ちてガレオン耐えられず。

13.ミラーで完全2ヒール3落ちて10000か5000か足りずラストターンまでいけなくてまけ

14.ギアにアシスト2回はずして、捲れたんだけどぼーっとしてて制限されてるヘテロの2枚目を何故かケアして確定スタンドまで山掘らず、スタンド捲れず負け

15.ルアードに初回でグロヌグロヌクリスタンドクリ

16.ブレイドウイング対面で理解が足りておらず負け

 

ローゼがこんなもんです。

ブレイドウイングの負け3回はミラーに2回、ジェネシスに1回、こいつら相手はツッパして先にでまごアサシンするしかないんですがキルに足りるだけのパーツが入らず負けました。

 

ブレイドウイングはもういいとして、ナイトローゼでの負けをまとめると

 

 

ランナー3回

サンク2回

ルアード3回

ナイトローゼ3回

ギアクロ3回

ジェネシス1回

ブレイドウイング1回

 

 

 

うち明らかにどうしようもなかったと思っていて、割りきって考えるべきものはサンク2、ランナー3、ギアクロ2、ルアード3、ジェネシス1、ミラー1

明らかにミスが負けに繋がったものはギアクロ1、ブレイドウイング1

そしてもしかしたらやりようはあったかもしれないものはナイトローゼ2

 

で、ギアクロ、ブレイドウイングに関しては原因がはっきりしていてちゃんと反省すれば次同じ状況が再現されたとして勝てる可能性はあると思います。

拾えた試合なのかはっきりしないもの2つがナイトローゼミラーで、ここが今期詰めきることが出来なかった部分だと思います。

 

今期参加したナイトローゼでの戦績は69-16(81.1%)。ミスで落とした試合を拾いきっていれば83.5%です。勝てたかもしれなかった試合を拾っていれば85.8%。どうしても長期9割勝つのは難しそうです。

 

 

 

次にリザルトの話

今期はチームも噛み合いがよく、僕もしっくりくるデッキがあり個人の勝ち数を伸ばせたこともあってヴァンガードリザルトの結果は106点で全国1位、関西1位でした。


f:id:taetaemiltae:20170618192935j:image

なかなか上の数人が粘り、ペスト、えせが首位を譲ってくれずギリギリまで2位~3位で、最後に連続して2位になったことでやっと抜くことができました。

また今期は14回中9回決勝へ行けたわけですが、そのうち8回決勝で負けています。

まず決勝へ行けなかった5回なのですが、負けたときはだいたいどれもチームでの話し込みが足りず、デッキ選択や席順、プレイ方針のどこかに不安があったと思います。

逆に決勝へいけた時のほとんどはだいたい、十分に環境を掘り下げられていて全体の分布、上位に来そうなチームの使用デッキ、予想される席順などが考えられていたのでよっぽどのことが起きない限り負ける気がしませんでした。1回だけ相手がネクステージを起こし忘れて決勝にいっています。

逆に決勝でほとんど負けているのにも心当たりがあり、今期はCSに参加するときに目標としていたのが「決勝へいくこと」で、決勝まできたら大体気が抜けていてあとはなるようになれみたいな感じでやっていました。まあそんなところも負ける理由になっていたんだと思うので来期は優勝にこだわりたいと思います

 

個人的に今のヴァンガードはかなりやったことに結果が反映されやすく好きです。逆に手を抜いた分無限に負けるのでわかりやすくていいです。

それでもサンクやランナーなど相手の一日を破壊する系のデッキは一定数存在していましたがランナーも規制され、サンクも向かい風なのでかなりやり得だと思います。

勝てばプレイヤーランキングにも反映されるのもやる気がでますね。

おわり